aiko/ROCKとALOHA〈2枚組〉 [Blu-ray] [2016/05/03発売]aiko/ROCKとALOHA〈2枚組〉 [DVD] [2016/05/03発売]aiko/DECADE〈2枚組〉 [DVD] [2009/03/04発売]aiko/DECADE プレミアムエディション〈完全限定生産・3枚組〉 [DVD] [2009/03/04発売]aiko/LOVE LIKE POP add. 10th Anniversary [DVD] [2007/03/21発売]aiko / 恋をしたのは [CD] [シングル] [2016/09/21発売]aiko / May Dream [CD] [アルバム] [2016/05/18発売]aiko / May Dream [2CD] [限定] [CD] [アルバム] [2016/05/18発売]aiko / May Dream [CD+DVD] [限定] [CD] [アルバム] [2016/05/18発売]aiko / May Dream [Blu-ray+CD] [限定] [CD] [アルバム] [2016/05/18発売]aiko / もっと [CD] [シングル] [2016/03/09発売]aiko / プラマイ [CD] [シングル] [2015/11/18発売]aiko / 夢見る隙間 [CD] [シングル] [2015/04/29発売]aiko / あたしの向こう [CD] [シングル] [2014/11/12発売]aiko / 泡のような愛だった [2CD] [限定] [CD] [アルバム] [2014/05/28発売]

aiko

aiko (アイコ)
MyCDJ お気に入りリストに「aiko(aiko) - CDJournal.com」を追加/削除するはてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
aiko
aikoaikoaikoaikoaikoaikoaikoaikoaiko
1975年11月22日生まれ、大阪府吹田市出身の女性シンガー・ソングライター。ラジオパーソナリティなどの活動を経て、97年12月にアルバム『astral box』でインディ・デビュー。翌年7月にシングル「あした」でメジャー・デビューを果たす。等身大の心情を綴った詞とポップなメロディなどが多くの共感を呼び、99年の「花火」以降は「カブトムシ」「ボーイフレンド」「キラキラ」などヒット曲を連発。J-POPのメインストリームで常に高い人気を博し、ライヴパフォーマンスにも定評がある。2016年3月の「もっと」まででシングル35枚、同年5月の『May Dream』まででアルバム12枚を発表。
  • aikoの情報を以下のサイトでもみる
    aikoの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる aikoの作品一覧をHMV ONLINEで調べる aikoの作品一覧を楽天ブックスで調べる aikoの作品一覧を@TOWER.JPで調べる aikoの作品一覧を山野楽器で調べる 

本文中にaikoが登場したCDJ PUSH(インタビュー/特集/企画)の一覧です。

aikoが登場した雑誌「CDジャーナル」掲載の記事(インタビュー、特集ほか)一覧です。

aiko
日常の中の小さな“シアワセ”を歌う軽快で爽やかなアップ・テンポ・ナンバー
歌詞もメロディもシアワセいっぱい 新緑薫る初夏の訪れとともに届……(全文を読む)
[CDジャーナル2007年06月号掲載]

aiko
今の自分とのほどよい距離感――“彼女”という名の7作目
aikoの7枚目のアルバムには、『彼女』というタイトルが名付……(全文を読む)
[CDジャーナル2006年09月号掲載]

aiko
愛する人は自分にとっての“スター”壮大なアレンジによるミディアム・バラード
8月にリリースされた「キラキラ」が、メジャー・デビュー曲「あ……(全文を読む)
[CDジャーナル2005年12月号掲載]

aiko
(全文を読む)
[CDジャーナル2001年02月号掲載]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 政府は飢えを武器にして人々を統制している――ケン・ローチ監督が語る「わたしは、ダニエル・ブレイク」[特集] ジェイソン・モランに死角なし――「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」
[インタビュー] わたし自身が大好きな曲ばかり――寺下真理子『ロマンス』は様々な形の“愛”に因んだ作品[インタビュー] クラシックの名曲を鼻歌のように――渋さ知らズが世界最古のアシッド・ミュージックに挑んだ『渋樹』
[インタビュー] すでに“魂”は失われてしまった――チュス・グティエレス監督自身が語る「サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ」[インタビュー] なんかいいのできた! どう? “Diggy-MO’ならでは”と“いい曲”の理想的なバランス『BEWITCHED』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015