Aira Mitsuki/Aira Mitsuki LiVE TOUR 2011「???」in LIQUIDROOM [DVD] [2011/04/20発売]Aira Mitsuki/Aira Mitsuki Special LiVE“090319”in LIQUIDROOM [DVD] [2009/05/20発売]AIRA MITSUKI / I'LL BE BACK [CD] [アルバム] [2013/08/21発売]AIRA MITSUKI×SAORI@DESTINY / X PARK OF THE SAFARI [CD] [アルバム] [2011/12/07発売]AIRA MITSUKI / ???(スリークエスチョン) [CD] [アルバム] [2010/11/17発売]AIRA MITSUKI / ???(スリークエスチョン) [CD+DVD] [限定] [CD] [アルバム] [2010/11/17発売]AIRA MITSUKI / 6 FORCE [CD] [ミニアルバム] [2010/06/02発売]AIRA MITSUKI / 6 FORCE [2CD] [限定] [CD] [ミニアルバム] [2010/06/02発売]Aira Mitsuki / PLASTIC [CD] [アルバム] [2009/07/22発売]Aira Mitsuki / BARBiE BARBiE [CD] [シングル] [2009/05/20発売]AIRA MITSUKI / サヨナラTECHNOPOLiS [CD] [シングル] [2009/01/21発売]AiRa MitSUKi / ロボットハニー [CD] [シングル] [2008/10/29発売]AIRA MITSUKI / COPY [デジパック仕様] [CD] [アルバム] [2008/09/03発売]AIRA MITSUKI / COPY [限定] [CD] [アルバム] [2008/09/03発売]AIRA MITSUKI / チャイナ・ディスコティカ [CD] [シングル] [2008/03/05発売]

アイラミツキ

Aira Mitsuki (アイラ・ミツキ)
MyCDJ お気に入りリストに「アイラミツキ(Aira Mitsuki) - CDJournal.com」を追加/削除するはてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
アイラミツキ
アイラミツキアイラミツキアイラミツキアイラミツキアイラミツキアイラミツキアイラミツキアイラミツキ
2007年、「カラフル・トーキョーサウンズ・NO.9」でデビューを果たした女性シンガー(キャッチコピーは“未来で生まれたテクノ・ポップ・アイコン”)。1stアルバム『COPY』(2008年)、2nd『PLASTIC』(2009年)と、テクノ・ポップやエレクトロなど、ダンス・ミュージックの最先端を行く強力なリリースを重ねる。2010年6月には、デビューよりタッグを組んでいるTerukadoをメイン・プロデューサーに、ゲスト・プロデューサーに新進インスト・バンドのSawagiを迎えたミニ・アルバム『6 FORCE』を発表、さらなる進化を遂げるべく“2nd Season”へと突入している。
  • アイラミツキの情報を以下のサイトでもみる
    アイラミツキの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる アイラミツキの作品一覧をHMV ONLINEで調べる アイラミツキの作品一覧を楽天ブックスで調べる アイラミツキの作品一覧を@TOWER.JPで調べる アイラミツキの作品一覧を山野楽器で調べる アイラミツキをiTunes Storeで調べる アイラミツキをAppleMusicで調べる 

アイラミツキが登場した雑誌「CDジャーナル」掲載の記事(インタビュー、特集ほか)一覧です。

アイラミツキ
“心に傷を負わせます!”テクノ・ポップ・ガールのファースト作
「ライヴを繰り返したり、ダフト・パンクやデジタリズムのライヴを観に行……(全文を読む)
[CDジャーナル2008年09月号掲載]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 経験と生き方を歌う。ただ、それだけ――MC KHAZZ『SNOWDOWN』[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』
[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い[インタビュー] 曲が意志を持ったように完成していった――ミューならではの“色”に満ちた2年ぶりの新作『ヴィジュアルズ』
[インタビュー] 自分にとってなにが気持ちいいのかを見極める3年間――“抜けの良さ”を求めたYOUR SONG IS GOOD『Extended』[インタビュー] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[前編] インタビュー: 豊田耕三(O’Jizo)
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015