AIRA MITSUKI / I'LL BE BACK [CD] [アルバム] [2013/08/21発売]AIRA MITSUKI×SAORI@DESTINY / X PARK OF THE SAFARI [CD] [アルバム] [2011/12/07発売]AIRA MITSUKI / ???(スリークエスチョン) [CD] [アルバム] [2010/11/17発売]AIRA MITSUKI / ???(スリークエスチョン) [CD+DVD] [限定] [CD] [アルバム] [2010/11/17発売]AIRA MITSUKI / 6 FORCE [CD] [ミニアルバム] [2010/06/02発売]AIRA MITSUKI / 6 FORCE [2CD] [限定] [CD] [ミニアルバム] [2010/06/02発売]Aira Mitsuki / PLASTIC [CD] [アルバム] [2009/07/22発売]Aira Mitsuki / BARBiE BARBiE [CD] [シングル] [2009/05/20発売]AIRA MITSUKI / サヨナラTECHNOPOLiS [CD] [シングル] [2009/01/21発売]AiRa MitSUKi / ロボットハニー [CD] [シングル] [2008/10/29発売]AIRA MITSUKI / COPY [デジパック仕様] [CD] [アルバム] [2008/09/03発売]AIRA MITSUKI / COPY [限定] [CD] [アルバム] [2008/09/03発売]AIRA MITSUKI / チャイナ・ディスコティカ [CD] [シングル] [2008/03/05発売]アイラ ミツキ / カラフル・トーキョーサウンズ・NO・9 [CD] [シングル] [2007/08/08発売]

アイラミツキ

Aira Mitsuki (アイラ・ミツキ)
はてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
アイラミツキ
アイラミツキアイラミツキアイラミツキアイラミツキアイラミツキアイラミツキアイラミツキアイラミツキ
2007年、「カラフル・トーキョーサウンズ・NO.9」でデビューを果たした女性シンガー(キャッチコピーは“未来で生まれたテクノ・ポップ・アイコン”)。1stアルバム『COPY』(2008年)、2nd『PLASTIC』(2009年)と、テクノ・ポップやエレクトロなど、ダンス・ミュージックの最先端を行く強力なリリースを重ねる。2010年6月には、デビューよりタッグを組んでいるTerukadoをメイン・プロデューサーに、ゲスト・プロデューサーに新進インスト・バンドのSawagiを迎えたミニ・アルバム『6 FORCE』を発表、さらなる進化を遂げるべく“2nd Season”へと突入している。
  • アイラミツキの情報を以下のサイトでもみる
    アイラミツキの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる アイラミツキの作品一覧をHMV ONLINEで調べる アイラミツキの作品一覧を楽天ブックスで調べる アイラミツキの作品一覧を@TOWER.JPで調べる アイラミツキの作品一覧を山野楽器で調べる アイラミツキをiTunes Storeで調べる アイラミツキをAppleMusicで調べる 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015