カン / ザ・シングルス [HQCD] [アルバム] [2017/06/16発売]カン / タゴ・マゴ・40th・アニヴァーサリー・エディション [紙ジャケット仕様] [2CD] [Blu-spec CD] [限定] [アルバム] [2012/08/15発売]カン / ザ・ロスト・テープス [3CD] [Blu-spec CD] [限定] [アルバム] [2012/08/15発売]カン / スーン・オーヴァー・ババルーマ [紙ジャケット仕様] [Blu-spec CD] [限定] [アルバム] [2010/01/20発売]カン / フューチャー・デイズ [紙ジャケット仕様] [Blu-spec CD] [限定] [アルバム] [2010/01/20発売]カン / エーゲ・バミヤージ [紙ジャケット仕様] [Blu-spec CD] [限定] [アルバム] [2010/01/20発売]カン / アンソロジー [2CD] [Blu-spec CD] [限定] [アルバム] [2010/01/06発売]カン / タゴ・マゴ [紙ジャケット仕様] [Blu-spec CD] [限定] [アルバム] [2010/01/06発売]カン / サウンドトラックス [紙ジャケット仕様] [Blu-spec CD] [限定] [アルバム] [2010/01/06発売]カン / モンスター・ムーヴィー [紙ジャケット仕様] [Blu-spec CD] [限定] [アルバム] [2010/01/06発売]カン / ライト・タイム [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2006/05/03発売]カン / ディレイ1968 [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2006/05/03発売]カン / カン [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2006/05/03発売]カン / ソウ・ディライト [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2006/05/03発売]カン / フロウ・モーション [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2006/05/03発売]

CAN

Can (カン)
はてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
CAN
旧西独発のロック・バンド。イルミン・シュミット、ホルガー・シューカイ、ヤキ・リーベツァイト、ミヒャエル・カローリらを中心に、1968年に独・ケルンで結成。70〜73年には在独日本人ヴォーカリストのダモ鈴木が参加したことでも知られる。クラウト・ロック、プログレッシヴ・ロック、フリー・ジャズ、民族音楽、現代音楽など多彩な要素を包含する非常に独創的な作風で注目される。79年に解散となるも、89年にアルバム『ライト・タイム』を発表し一時的に集結。91年にも再結成を果たす。2001年11月17日にミヒャエルが癌で死去。2003年には独で最も権威のある音楽賞、エコー賞で名誉賞を受賞。
  • CANの情報を以下のサイトでもみる
    CANの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる CANの作品一覧をHMV ONLINEで調べる CANの作品一覧を楽天ブックスで調べる CANの作品一覧を@TOWER.JPで調べる CANの作品一覧を山野楽器で調べる 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』!
[インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』
[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015