グニュウツール / FICKLE BOON [再発] [CD] [アルバム] [2003/07/23発売]グニュウツール / DAZZLE [再発] [CD] [アルバム] [2003/07/23発売]グニュウツール / LIVE SPARKY [再発] [CD] [アルバム] [2003/07/23発売]グニュウツール / SPARKY [再発] [CD] [アルバム] [2003/07/23発売]グニュウツール / OTHER GOOSE [再発] [CD] [アルバム] [2003/07/23発売]グニュウツール / NIWLUN [再発] [CD] [アルバム] [2003/07/23発売]グニュウツール / GUNIW 2000Ls BEST [2CD] [廃盤] [CD] [アルバム] [2000/11/22発売]グニュウツール / クルックーヴィジョン [廃盤] [CD] [シングル] [2000/05/24発売]グニュウツール / GREEN CARNIVAL [廃盤] [CD] [シングル] [1999/07/23発売]グニュウツール / 真鍮卵 [廃盤] [CD] [シングル] [1999/04/21発売]グニュウツール / DAZZLE [廃盤] [CD] [アルバム] [1998/08/21発売]グニュウツール / ライヴ・スパーキー [廃盤] [CD] [アルバム] [1998/03/21発売]グニュウツール / DADA [廃盤] [CD] [シングル] [1997/12/17発売]グニュウツール / スパーキー [廃盤] [CD] [アルバム] [1997/08/21発売]GUNIW TOOLS / ヨモギの心 [廃盤] [CD] [シングル] [1997/01/22発売]

グニュウツール

Guniw Tools (グニュウ・ツール)
はてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
1990年、サウンドから視覚イメージまでの総合アート・ディレクションをテーマに発足した個性派ユニット。3人編成でスタート、後に2人組に。奇妙なバンド名は“ぐにゃぐにゃした道具”の意味を込めた造語。インディーズ活動の後、1996年にメジャー・デビュー、初期にはデジタル技術を駆使した重い嘆美サイケを聴かせたが、後にはギター・ポップ寄りの感性も見せるなど、変幻自在の感覚で臨んでいた。2000年秋、5年間の活動休止を宣言。
    • グニュウツールの情報を以下のサイトでもみる
      グニュウツールの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる グニュウツールの作品一覧をHMV ONLINEで調べる グニュウツールの作品一覧を楽天ブックスで調べる グニュウツールの作品一覧を@TOWER.JPで調べる グニュウツールの作品一覧を山野楽器で調べる 
    ※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
    └ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
    ※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
    └ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
       詳しくはこちらをご覧ください。
    [インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
    [インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
    [特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
    [インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
    [インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
    [インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
    新譜情報
    e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
    データ提供サービス
    ※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
    JASRAC許諾番号:9009376005Y31015