banner image
 
グニュウツール / FICKLE BOON [再発] [CD] [アルバム] [2003/07/23発売]グニュウツール / DAZZLE [再発] [CD] [アルバム] [2003/07/23発売]グニュウツール / LIVE SPARKY [再発] [CD] [アルバム] [2003/07/23発売]グニュウツール / SPARKY [再発] [CD] [アルバム] [2003/07/23発売]グニュウツール / OTHER GOOSE [再発] [CD] [アルバム] [2003/07/23発売]グニュウツール / NIWLUN [再発] [CD] [アルバム] [2003/07/23発売]グニュウツール / GUNIW 2000Ls BEST [2CD] [廃盤] [CD] [アルバム] [2000/11/22発売]グニュウツール / クルックーヴィジョン [廃盤] [CD] [シングル] [2000/05/24発売]グニュウツール / GREEN CARNIVAL [廃盤] [CD] [シングル] [1999/07/23発売]グニュウツール / 真鍮卵 [廃盤] [CD] [シングル] [1999/04/21発売]グニュウツール / DAZZLE [廃盤] [CD] [アルバム] [1998/08/21発売]GUNIW TOOLS/GUNIW VALUE SET〈5、000セット生産限定・5枚組〉 [DVD] [2003/07/23発売]グニュウツール / ライヴ・スパーキー [廃盤] [CD] [アルバム] [1998/03/21発売]グニュウツール / DADA [廃盤] [CD] [シングル] [1997/12/17発売]グニュウツール / スパーキー [廃盤] [CD] [アルバム] [1997/08/21発売]

グニュウツール

Guniw Tools (グニュウ・ツール)
アーティスト・プロフィール
1990年、サウンドから視覚イメージまでの総合アート・ディレクションをテーマに発足した個性派ユニット。3人編成でスタート、後に2人組に。奇妙なバンド名は“ぐにゃぐにゃした道具”の意味を込めた造語。インディーズ活動の後、1996年にメジャー・デビュー、初期にはデジタル技術を駆使した重い嘆美サイケを聴かせたが、後にはギター・ポップ寄りの感性も見せるなど、変幻自在の感覚で臨んでいた。2000年秋、5年間の活動休止を宣言。
    • グニュウツールの情報を以下のサイトでもみる
      グニュウツールの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる グニュウツールの作品一覧をHMV ONLINEで調べる グニュウツールの作品一覧を楽天ブックスで調べる グニュウツールの作品一覧を@TOWER.JPで調べる グニュウツールの作品一覧を山野楽器で調べる 
    ※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
    └ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
    ※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
    └ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
       詳しくはこちらをご覧ください。
    [インタビュー] 瞬発力と解析力を駆使した活動――Controversial Spark、1stアルバム『Section I』をリリース[インタビュー] ジャズ・シンガーmegが東京ブラススタイルとともにアニソンに挑戦したアルバムが完成!
    [インタビュー] サム・リー×東野珠実(笙)、稲葉明徳(篳篥) 英国と日本、2国の伝統音楽が交わる一夜限りのコンサート[インタビュー] 【伊藤ゴロー Ito Goro】ジャキス・モレレンバウムとともに、アントニオ・カルロス・ジョビンの楽曲を中心に録音したデュオ・アルバムを発表
    [インタビュー] 森は生きている、さらなる音楽的進化を遂げた2nd アルバム『グッド・ナイト』完成![インタビュー] “正解はあるというゲーム”――東京ノイズ・アーキテクトENDON、初のフル・アルバム『Mama』をリリース
    ※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
    JASRAC許諾番号:9009376005Y31015