ミシェル・レイス・ジャパン・カルテット / ミシェル・レイス・ジャパン・カルテット [CD] [アルバム] [2018/05/25発売]甲田まひる a.k.a.Mappy / PLANKTON [CD] [アルバム] [2018/05/23発売]ニラン・ダシカ カルテット / 朱雀 [CD] [アルバム] [2018/03/14発売]石若駿 / SONGBOOK2 [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2017/11/15発売]桑原あい×石若駿 / ディア・ファミリー [SHM-CD] [アルバム] [2017/11/08発売]東京塩麹 / FACTORY [CD] [アルバム] [2017/08/09発売]Brilliant Monkies / BRILLIANT MONKIES! [CD] [アルバム] [2017/07/19発売]石若駿 / CLEANUP [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2015/12/16発売]RM JAZZ LEGACY / RM jazz legacy [CD] [アルバム] [2015/12/16発売]吉本章紘 / ムービング・カラー [CD] [アルバム] [2015/05/15発売]Tokyo Zawinul Bach-Special / Switchover Gravity [CD] [アルバム] [2014/10/15発売]桑原あいトリオ・プロジェクト / ザ・ウィンドウ [デジパック仕様]  [CD] [アルバム] [2014/04/23発売]Tokyo Zawinul Bach-Special / Change Gravity [CD] [アルバム] [2014/04/09発売]井上銘 / ウェイティング・フォー・サンライズ [CD] [アルバム] [2013/11/20発売]金澤英明・石井彰・石若駿 / ボーイズ イン ロールス [CD] [アルバム] [2011/02/02発売]

石若駿

Ishiwaka Shun (イシワカ・シュン)
はてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
1992年8月16日生まれ、北海道清里町出身のジャズ・ドラマー。東京藝術大学卒。幼少からクラシックに親しみ、13歳よりクラシックパーカッションを始める。ジャズスクールで本格的にドラムを演奏し始め、ハービー・ハンコックや日野皓正、タイガー大越らに出会い多大な影響を受ける。2009年にバークリー音楽院へ留学。帰国後、精力的にライヴ活動を展開。これまでに日野のほか、渡辺香津美、山下洋輔、森山威男、TOKU、ジェイソン・モラン、テイラー・マクファーリンらと共演。クラシックや現代音楽の演奏も多い。2015年に初フル・リーダー作『Cleanup』を発表。2016、2017年と『SONGBOOK』シリーズをリリース。
  • 石若駿の情報を以下のサイトでもみる
    石若駿の作品一覧をAmazon.co.jpで調べる 石若駿の作品一覧をHMV ONLINEで調べる 石若駿の作品一覧を楽天ブックスで調べる 石若駿の作品一覧を@TOWER.JPで調べる 石若駿の作品一覧を山野楽器で調べる 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
[インタビュー] “シンガー・ソングライターとして”前に進むための一歩、山森大輔『銀のピストル』[インタビュー] 踊Foot Worksみたいなヤツ、いなくない? 自由奔放な音楽の魅力が詰まった『odd foot works』
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015