エース2 [CD] [アルバム] [2017/09/13発売]小西康陽 / なぜ小西康陽のドラマBGMはテレビのバラエティ番組でよく使われるのか。 [CD] [アルバム] [2017/02/22発売]「でぶせん」オリジナル・サウンドトラック / 小西康陽 [CD] [アルバム] [2016/09/28発売]「チェブラーシカ」東京の休日〜小西康陽プロデュース〜 [CD] [アルバム] [2010/10/29発売]akiko / リトル・ミス・ジャズ・アンド・ジャイヴ [SHM-CD] [アルバム] [2016/03/16発売]アイドルばかりピチカート [CD] [アルバム] [2015/04/22発売]お座敷ジャパン 選曲・監修:小西康陽 [CD] [アルバム] [2015/03/25発売]徳間ダンス・パーティー 選曲・監修:小西康陽 [CD] [アルバム] [2015/03/25発売]夜のミノルフォン・アワー 選曲・監修:小西康陽 [CD] [アルバム] [2015/03/25発売]「戦力外捜査官」Original Soundtrack / KONISHI yasuharu [CD] [アルバム] [2014/02/26発売]小西康陽 presents 大都会交響楽 READYMADE DIGS BRUNSWICK [CD] [アルバム] [2013/10/02発売]「抱きしめたい!」Music Collection / 小西康陽 / ピチカート・ファイヴ [CD] [アルバム] [2013/09/27発売]「東京全力少女」オリジナル・サウンドトラック / KONISHI yasuharu [CD] [アルバム] [2012/11/28発売]「デカワンコ」オリジナル・サウンドトラック / 小西康陽、大野克夫 [CD] [アルバム] [2011/02/23発売]KONISHI YASUHARU / ATTRACTIONS! KONISHI YASUHARU Remixes 1996-2010 [2CD] [CD] [アルバム] [2010/03/03発売]

小西康陽

Konishi Yasuharu (コニシ・ヤスハル)
はてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
小西康陽
小西康陽
1959年2月3日生まれ、北海道札幌市出身の日本の音楽家。青山学院大学卒。85年、ピチカート・ファイヴの中心メンバーとしてデビュー。バンドのリーダーであり、作詞・作曲・編曲・プロデュースを担当。94年『MADE in USA』で海外デビューを果たし、95年には欧米14都市を巡るワールドツアーを行なった。以降、内外を問わない幅広い活躍で高い評価を得ている。バンド以外にも数々のアーティストのプロデュースやCM音楽などを手がけ、DJ、ミキサーとしても活動。ピチカート・ファイヴ解散後も精力的に活動し、プロデューサーとして高い人気を誇っている。
  • 小西康陽の情報を以下のサイトでもみる
    小西康陽の作品一覧をAmazon.co.jpで調べる 小西康陽の作品一覧をHMV ONLINEで調べる 小西康陽の作品一覧を楽天ブックスで調べる 小西康陽の作品一覧を@TOWER.JPで調べる 小西康陽の作品一覧を山野楽器で調べる 小西康陽をiTunes Storeで調べる 小西康陽をAppleMusicで調べる 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015