カリブの熱い夜 [DVD] [2016/08/02発売]ラリー・カールトン&ザ・サファイア・ブルース・バンド/パリ・コンサート [DVD] [2010/06/00発売]25 Years At New Morning〈2枚組〉 [DVD] [2007/09/21発売]ラリー・カールトン&スティーヴ・ルカサー [DVD] [2005/12/09発売]ラリー・カールトン / アローン・バット・ネヴァー・アローン [SHM-CD] [再発] [アルバム] [2016/11/23発売]クルセイダーズ / クルセイダーズ1 [SHM-CD] [限定] [アルバム] [2016/07/06発売]クルセイダーズ / スタンディング・トール [SHM-CD] [限定] [アルバム] [2016/07/06発売]クルセイダーズ / 旋風に舞う [SHM-CD] [限定] [アルバム] [2016/07/06発売]クルセイダーズ / チェイン・リアクション [SHM-CD] [限定] [アルバム] [2016/07/06発売]クルセイダーズ / サザン・コンフォート [SHM-CD] [限定] [アルバム] [2016/07/06発売]リー・リトナー&ラリー・カールトン / ラリー&リー [SHM-CD] [限定] [アルバム] [2016/07/06発売]ラリー・カールトン / キッド・グローヴス [SHM-CD] [限定] [アルバム] [2016/07/06発売]ラリー・カールトン / ディスカヴァリー [SHM-CD] [限定] [アルバム] [2016/07/06発売]ラリー・カールトン&スティーヴ・ルカサー / ライヴ・アット・ブルーノート東京 [デジパック仕様] [CD] [アルバム] [2016/05/20発売]ラリー・カールトン / ファイアワイヤー+1 [限定] [CD] [アルバム] [2016/05/25発売]

ラリー・カールトン

Larry Carlton (ラリー・カールトン)
MyCDJ お気に入りリストに「ラリー・カールトン(Larry Carlton) - CDJournal.com」を追加/削除するはてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
1948年3月2日米国カリフォルニア州生まれ。リー・リトナーとともにジャズ・フュージョンを代表するギタリスト。ジャズとロックを融合したサウンドにより強いブルース色を感じさせるギターが特徴。クルセイダーズでの活動のほか、スティーリー・ダンをはじめとする無数のアルバムで、数多くの名演を残す名セッション・ギタリストでもある。ソロ活動のほか、98年から2010年まで、リー・リトナーに代わりフォープレイに参加した。
  • ラリー・カールトンの情報を以下のサイトでもみる
    ラリー・カールトンの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる ラリー・カールトンの作品一覧をHMV ONLINEで調べる ラリー・カールトンの作品一覧を楽天ブックスで調べる ラリー・カールトンの作品一覧を@TOWER.JPで調べる ラリー・カールトンの作品一覧を山野楽器で調べる 

本文中にラリー・カールトンが登場したCDJ PUSH(インタビュー/特集/企画)の一覧です。

ラリー・カールトンが登場した雑誌「CDジャーナル」掲載の記事(インタビュー、特集ほか)一覧です。

ラリー・カールトン / ファイアワイヤー+1 [限定] [CD] [アルバム] [2016/05/25発売]
名声、銃撃、家族……燻し銀のギターに刻まれたもの
なんて幸せそうにギターを弾くのだろう。ギターを始めたばか……(全文を読む)
[CDジャーナル2002年07月号掲載]

ラリー・カールトン / ファイアワイヤー+1 [限定] [CD] [アルバム] [2016/05/25発売]
ジャズ・ギター史の曲がり角に二人の新人ついこの前まで、ジ……(全文を読む)
[CDジャーナル2000年03月号掲載]

ラリー・カールトン / ファイアワイヤー+1 [限定] [CD] [アルバム] [2016/05/25発売]
ジャズ・ファンにはたまらない“夢の共演盤”を一挙にご紹介する優れモノ企画。1+1=2ではない、恐るべき化学反応的名盤をピックアップ!
ビッグ・ネームの演奏家たちが次々と消えて、小さく粒揃……(全文を読む)
[CDジャーナル1999年06月号掲載]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』50周年記念エディション[特集] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[後編]
[インタビュー] “ポスト何々”の次を求めて――tofubeatsが『FANTASY CLUB』で目指した新たなステージ[インタビュー] 経験と生き方を歌う。ただ、それだけ――MC KHAZZ『SNOWDOWN』
[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015