No Lie-Sense / Japan's Period [デジパック仕様] [CD] [アルバム] [2016/04/20発売]NO〜LIE SENSE / THE FIRST SUICIDE BIG BAND SHOW LIVE 2014 [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2015/08/26発売]No Lie-Sense / First Suicide Note [CD] [アルバム] [2013/11/06発売]

No Lie-Sense

NO LIE-SENSE (ノー・ライ・センス)
はてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
No Lie-Sense
No Lie-Sense
ムーンライダーズの鈴木慶一と劇作家/ミュージシャンのKERAによるユニット。2011年末に無期限活動休止を宣言したムーンライダーズの中心メンバー鈴木慶一と、80年代よりインディ・レーベル〈ナゴム〉を主宰したバンド“有頂天”のヴォーカリストのKERAが、2013年2月に“さほど意味のない音楽”を作ろうと意気投合して結成。ユニット名は二人とも運転ライセンスを持たないことに由来。同11月、ナゴムレコード30周年記念で立ち上げた“新生ナゴムレコード”より『First Suicide Note』でアルバム・デビュー。2016年4月に『Japan's Period』をリリース。
  • No Lie-Senseの情報を以下のサイトでもみる
    No Lie-Senseの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる No Lie-Senseの作品一覧をHMV ONLINEで調べる No Lie-Senseの作品一覧を楽天ブックスで調べる No Lie-Senseの作品一覧を@TOWER.JPで調べる No Lie-Senseの作品一覧を山野楽器で調べる No Lie-SenseをiTunes Storeで調べる No Lie-SenseをAppleMusicで調べる 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015