趙静(チョウ・チン)、大萩康司/10弦の響き ライヴ [DVD] [2006/04/21発売]大萩康司/鐘のなるキューバの風景〈初回盤〉 [DVD] [2005/10/21発売]天の三羽の鳥〜ギターで聴く珠玉のフランス音楽〜 大萩康司(G) [CD] [アルバム] [2016/04/20発売]エル・アブラーソ 大萩康司(G) [CD] [アルバム] [2014/10/29発売]NOCTURNAL(ノクターナル) 大萩康司(G) [CD] [アルバム] [2013/08/21発売]ASTOR PIAZZOLLA〜アストル・ピアソラ作品集〜 大萩康司(G) [CD] [アルバム] [2012/04/04発売]フェリシタシオン! 大萩康司(G) [CD] [アルバム] [2010/05/19発売]風の道 大萩康司(G) [CD] [アルバム] [2009/03/18発売]想いの届く日 大萩康司(G) [CD] [アルバム] [2008/03/19発売]想いの届く日 大萩康司(G) [CD+DVD] [限定] [CD] [アルバム] [2008/03/19発売]ハバナ ライヴ 2005 大萩康司(G) [CD] [アルバム] [2005/10/21発売]ハバナ 大萩康司(G) [CD] [アルバム] [2005/06/22発売]島へ 大萩康司(G) [CD] [アルバム] [2004/01/21発売]ブルー 大萩康司(G) [CD] [アルバム] [2003/01/22発売]シエロ@大萩康司(G) [CD] [アルバム] [2001/08/22発売]

大萩康司

Ohagi Yasuji (オオハギ・ヤスジ)
MyCDJ お気に入りリストに「大萩康司(Ohagi Yasuji) - CDJournal.com」を追加/削除するはてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
大萩康司
1978年、宮崎県生まれのギタリスト。高校卒業後にフランスに渡り、エコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院で学ぶ。ギターをアルベルト・ポンセ、福田進一、エドゥアルド・フェルナンデスらに師事。98年にハバナ国際ギター・コンクールで第2位および審査員特別賞(レオ・ブローウェル賞)を受賞。2000年に『11月のある日』でCDデビューして以来、これまでに10枚を越えるアルバムをリリース。2013年8月、イギリスの作曲家をテーマにした『NOCTURNAL』を発表。
  • 大萩康司の情報を以下のサイトでもみる
    大萩康司の作品一覧をAmazon.co.jpで調べる 大萩康司の作品一覧をHMV ONLINEで調べる 大萩康司の作品一覧を楽天ブックスで調べる 大萩康司の作品一覧を@TOWER.JPで調べる 大萩康司の作品一覧を山野楽器で調べる 大萩康司をiTunes Storeで調べる 大萩康司をAppleMusicで調べる 

本文中に大萩康司が登場したCDJ PUSH(インタビュー/特集/企画)の一覧です。

大萩康司が登場した雑誌「CDジャーナル」掲載の記事(インタビュー、特集ほか)一覧です。

大萩康司
アルゼンチンの作曲家たちによる あらゆる個性・感情を一枚の作品に
本誌にもこれまでに幾度も登場している大萩康司。昨今充実のギター……(全文を読む)
[CDジャーナル2009年04月号掲載]

大萩康司
キューバに始まり、ブラジルへ 中南米を巡る“旅”の途中報告
ブラジル音楽と言えばサンバにボサ・ノヴァというのが一般的イメー……(全文を読む)
[CDジャーナル2007年03月号掲載]

大萩康司
デビュー5周年を期して完成したキューバとの触れ合いの軌跡
キューバの音楽的な魅力に一度魅入られた人は、もはやそこから逃……(全文を読む)
[CDジャーナル2005年07月号掲載]

大萩康司
(全文を読む)
[CDジャーナル2001年02月号掲載]

大萩康司
邦人クラシック・ギター・シーンを読む。若手の台頭を受けてベテラン勢も優秀作を多数発表。百花繚乱ともいえるシーンを形成している今こそ聴きたいギター盤10枚をご紹介します。
ベテラン・フォーク・シンガーたちの“歌の底力”は継続継続す……(全文を読む)
[CDジャーナル2002年06月号掲載]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る[インタビュー] ロック・フェスでも闘えるバンドに――井上 銘のバンド・プロジェクト、MAY INOUE STEREO CHAMP始動
[インタビュー] ストリートにドレスコードはいらない 再来日を果たした“俺たちの”ストーン・ファンデーション[インタビュー] 主演俳優と主題歌は映画の顔――入江 悠監督と感覚ピエロが語る映画『22年目の告白−私が殺人犯−です』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015