小曽根真 THE TRIO / ディメンションズ [SHM-CD] [アルバム] [2017/08/02発売]チック・コリア / 小曽根真 / CHICK&MAKOTO-Duets- [SHM-CD] [アルバム] [2016/04/20発売]渡辺香津美 DUO with 小曽根真 / ダンディズム [SHM-CD] [アルバム] [2016/02/24発売]デイヴ・ウェックル・アコースティック・バンド feat.小曽根真、トム・ケネディ、ゲイリー・ミーク / オブ・ザ・セイム・マインド [SHM-CD] [アルバム] [2015/07/22発売]小曽根真 / Ozone [限定] [CD] [アルバム] [2014/09/24発売]小曽根真 / スプリング・イズ・ヒア [限定] [CD] [アルバム] [2014/09/24発売]小曽根真 featuring No Name Horses / ROAD [SHM-CD] [アルバム] [2014/08/20発売]アンナ・マリア・ヨペック×小曽根真 / HAIKU [SHM-CD] [アルバム] [2014/03/05発売]小曽根真&ゲイリー・バートン / タイム・スレッド [SHM-CD] [アルバム] [2013/05/29発売]エリス・マルサリス&小曽根真 / ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ [SHM-CD] [アルバム] [2012/08/22発売]小曽根真トリオ featuring ジェフ・“テイン”・ワッツ クリスチャン・マクブライド / マイ・ウィッチズ・ブルー [SHM-CD] [アルバム] [2012/08/22発売]グレゴア・マレ / グレゴア・マレ [CD] [アルバム] [2012/03/21発売]ゲイリー・バートン&小曽根真 / フェイス・トゥ・フェイス [SHM-CD] [アルバム] [2012/03/21発売]NHK「世界遺産 時を刻む」オリジナル・サウンドトラック〜THE SWELL OF TIME / 小曽根真 [CD] [アルバム] [2011/12/07発売]Live&Let Live-Love For Japan- [CD] [アルバム] [2011/07/27発売]

小曽根真

Ozone Makoto (オゾネ・マコト)
はてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
1961年3月25日、兵庫県神戸市生まれのジャズ・ピアニスト。12歳の時にオスカー・ピーターソンに影響を受けジャズ・ピアノを始める。バークリー音楽院卒業後、83年に米CBSと専属契約を結び、『OZONE』でアルバム・デビュー。ソロ、トリオ、ビッグバンド、オーケストラとの共演など多様なスタイルで精力的に活動し、邦人ジャズ・ピアニストの新境地を開く。師のヴィブラフォン奏者、ゲイリー・バートンとの共作も多く、『ヴァーチュオーシ』『タイム・スレッド』などを発表し、共演ツアーも開催。平成25年度文部科学大臣賞受賞。国立音楽大学教授。
  • 小曽根真の情報を以下のサイトでもみる
    小曽根真の作品一覧をAmazon.co.jpで調べる 小曽根真の作品一覧をHMV ONLINEで調べる 小曽根真の作品一覧を楽天ブックスで調べる 小曽根真の作品一覧を@TOWER.JPで調べる 小曽根真の作品一覧を山野楽器で調べる 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015