カサンドラ・ウィルソン / トラヴェリング・マイルス[+1] [SHM-CD] [アルバム] [2016/11/23発売]ビリー・ハート / オシュマレ [限定] [CD] [アルバム] [2015/03/25発売]スティーブ・コールマン・アンド・ファイヴ・エレメンツ / 象徴としてのジャズ [2CD] [廃盤] [CD] [アルバム] [2006/04/19発売]スティーヴ・コールマン・アンド・ファイヴ・エレメンツ / ワールド・エクスパンション [限定] [CD] [アルバム] [2002/06/09発売]スティーヴ・コールマン・アンド・ファイヴ・エレメンツ / オン・ジ・エッジ・オブ・トゥモロウ [限定] [CD] [アルバム] [2002/05/26発売]スティーヴ・コールマン・グループ / マザーランド・パルス [限定] [CD] [アルバム] [2002/05/26発売]スティーヴ・コールマン・アンド・ファイヴ・エレメンツ / 狼煙 [2CD] [CD] [アルバム] [2002/02/10発売]カサンドラ・ウィルソン / ポイント・オブ・ヴュー [再発] [CD] [アルバム] [2000/01/19発売]スティーヴ・コールマン / ザ・ソニック・ランゲッジ・オブ・ミス [CD] [アルバム] [1999/07/23発売]アビー・リンカーン / フー・ユースト・トゥ・ダンス [CD] [アルバム] [1997/02/19発売]

スティーヴ・コールマン

Steve Coleman (スティーヴ・コールマン)
はてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
1956年9月20日米国シカゴ生まれのアルト・サックス奏者。77年にプロ・デビュー。ビリー・ハーパー、ブランフォード・マルサリス、チコ・フリーマンらと共演後、85年からJMTレーベルにリーダー作を録音。フリー・ジャズとヒップホップを合体させたような過激で斬新なサウンドが評判に。デビュー当時、ウィントン・マルサリスを中心とする新伝統派に対抗する勢力の頭目と目され、その一派はM-BASE派と呼ばれた。2001年からラベル・ブリューの専属アーティスト。
    • スティーヴ・コールマンの情報を以下のサイトでもみる
      スティーヴ・コールマンの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる スティーヴ・コールマンの作品一覧をHMV ONLINEで調べる スティーヴ・コールマンの作品一覧を楽天ブックスで調べる スティーヴ・コールマンの作品一覧を@TOWER.JPで調べる スティーヴ・コールマンの作品一覧を山野楽器で調べる 
    ※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
    └ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
    ※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
    └ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
       詳しくはこちらをご覧ください。
    [インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
    [インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
    [インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
    [インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
    [インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
    [インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
    ※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
    JASRAC許諾番号:9009376005Y31015