EMiKO VOiCE×スガダイロー/上野の杜、真夏の午後のジャズ!2012 CUTE JAZZ LIVE!EMiKO VOiCE&SUGADAIRO at UENO JAZZ INN'12 [DVD] [2013/05/12発売]blacksheep / + -Beast- [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2015/09/16発売]Band of Eden / Band of Eden [CD] [アルバム] [2015/08/08発売]山下洋輔×スガダイロー / 山下洋輔×スガダイロー [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2014/07/02発売]オルケスタ・リブレ+スガダイロー+ロンロン / プレイズ・デューク [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2014/03/14発売]EMiKO VOiCE&SUGADAIRO / 上野の杜、真夏の午後のジャズ!2012 CUTE JAZZ LIVE! PHASE DUO EMiKO VOiCE&SUGADAIRO [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2013/06/23発売]スガダイロー / HARUKAZE [CD] [アルバム] [2012/04/18発売]志人・スガダイロー / 詩種 [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2012/08/02発売]スガダイロー / スガダイローの肖像 弐 [CD] [アルバム] [2011/10/19発売]スガダイロー / 八番勝負 [CD] [アルバム] [2011/08/17発売]blacksheep / 2 [デジパック仕様] [CD] [アルバム] [2011/03/13発売]秘宝感 / 秘宝感 [紙ジャケット仕様] [CD] [アルバム] [2011/03/30発売]アケタ・ミーツ・ダイロー / アケダイロ・オーケストラ-ブルー- [CD] [アルバム] [2010/11/21発売]アケタ・ミーツ・ダイロー / アケダイロ・オーケストラ-ブラック- [CD] [アルバム] [2010/11/21発売]スガダイロー / 渋さ知らズを弾く [デジパック仕様] [CD] [アルバム] [2010/10/06発売]

スガダイロー

Suga Dairo (スガ・ダイロー)
はてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
スガダイロー
1974年生まれ、神奈川県鎌倉市出身のジャズ・ピアニスト。洗足学園音楽大学ジャズ・コースで山下洋輔に師事、卒業後はバークリー音楽大学に4年間留学し、帰国後は渋さ知らズや鈴木勲OMA SOUNDなどに参加して注目を浴びる。2008年8月に初ソロ・アルバム『スガダイローの肖像』を発表。精力的なライヴ活動と自己名義の作品を次々と発表する傍ら、吉田隆一、後藤篤とのblacksheep、ラッパーの志人やシンガーEMiKO VOiCEとコラボレーション・アルバムを発表するなど、さまざまな形態で活動を展開。2016年には作家・夢枕獏との企画アルバム『蝉丸-陰陽師の音-』をリリース。
  • スガダイローの情報を以下のサイトでもみる
    スガダイローの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる スガダイローの作品一覧をHMV ONLINEで調べる スガダイローの作品一覧を楽天ブックスで調べる スガダイローの作品一覧を@TOWER.JPで調べる スガダイローの作品一覧を山野楽器で調べる 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015