武満徹没後20年記念 森のなかで 鈴木大介(G) 他 [CD] [アルバム] [2016/09/14発売]鈴木大介:12のエチュード〜ギターソロのための12の練習曲 鈴木大介(G) [デジパック仕様] [CD] [アルバム] [2016/03/20発売]キネマ楽園7〜70years 鈴木大介(G) [CD] [アルバム] [2015/07/15発売]Guitarra×Guitarra@原善伸、鈴木大介(G) [CD] [アルバム] [2015/03/07発売]キネマ楽園6〜Baroque 鈴木大介(G) 他 [2CD] [CD] [アルバム] [2014/09/24発売]鈴木大介 伊福部昭を弾く 鈴木大介(G) [CD] [アルバム] [2014/06/11発売]セゴビアを讃えて 鈴木大介(G) [CD] [アルバム] [2013/11/20発売]キネマ楽園5 travels 鈴木大介(G) [CD] [アルバム] [2013/07/17発売]月の光 / 愛の歌〜フランセ&ドビュッシー作品集 鈴木大介(G) [CD] [アルバム] [2012/11/21発売]The DUO(鬼怒無月+鈴木大介) / Cafe Standard [CD] [アルバム] [2012/08/08発売]ザ・デュオ(鬼怒無月+鈴木大介) / おいしい水 [CD] [アルバム] [2012/08/08発売]武満徹:どですかでん 鈴木大介、渡辺香津美(G) [再発] [CD] [アルバム] [2012/05/09発売]アディオス・ノニーノ〜アストル・ピアソラ作品集 鈴木大介(G) [CD] [アルバム] [2012/04/25発売]エスパーニャ・エクソティカ アルハンブラの想い出 鈴木大介(G) [CD] [アルバム] [2011/09/11発売]エスパーニャ・ロマンティカ 詩的ワルツ集 鈴木大介(G) [CD] [アルバム] [2011/09/11発売]

鈴木大介

SUZUKI DAISUKE (スズキ・ダイスケ)
はてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
1970年12月18日生まれ、神奈川県横浜市出身のギタリスト。早稲田大学卒。ギターを市村員章、福田進一、尾尻雅弘、作曲を川上哲夫、中島良史に師事。スペイン・バルセロナのマリア・カナルス国際コンクール第3位、伊・アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々の受賞歴を誇る。94年より墺・ザルツブルク・モーツァルテウム大学に留学し、エリオット・フィスク、ホアキン・クレルチに師事。その後、出光音楽賞、文化庁芸術祭優秀賞レコード部門、芸術選奨新人賞音楽部門を受賞。武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以来、新世代の音楽家として注目される存在に。洗足学園音楽大学客員教授。
  • 鈴木大介の情報を以下のサイトでもみる
    鈴木大介の作品一覧をAmazon.co.jpで調べる 鈴木大介の作品一覧をHMV ONLINEで調べる 鈴木大介の作品一覧を楽天ブックスで調べる 鈴木大介の作品一覧を@TOWER.JPで調べる 鈴木大介の作品一覧を山野楽器で調べる 

本文中に鈴木大介が登場したCDJ PUSH(インタビュー/特集/企画)の一覧です。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015