メシアン:オルガン作品集 〔キリストの昇天 / 二枚折絵 / 永遠の教会の出現(新版) / 聖霊降臨祭のミサ〕トロッター(og) [廃盤]

MyCDJ お気に入りリストに「メシアン:オルガン作品集 〔キリストの昇天 / 二枚折絵 / 永遠の教会の出現(新版) / 聖霊降臨祭のミサ〕トロッター(og) [廃盤] - CDJournal.com」を追加/削除するはてなブックマークに追加
CD
  • アーティスト:
  • 形態 / ジャンル:
    アルバム / クラシック 〜 鍵盤独奏曲
  • レーベル:
    ロンドン
  • 規格品番:
    POCL-1337
  • 価格:
    2,857 円+税
  • 発売日:
  • この規格品番の作品は廃盤(販売終了)となっています。一部作品は他の規格品番で再発されている場合もございます。
イギリスの新進気鋭オルガニストのトロッターは、非常に知的なアプローチをする人のようだ。少なくともこのアルバムでは、洗練された音色と考え抜かれた表現が、メシアンの世界をわかりやすく親しみやすくしている。来日してほしいアーティストだ。
トラックリスト
01キリストの昇天
02二枚折絵〜地上の生と至福の永遠性に関する試論
03永遠の教会の出現 (新版)
04聖霊降臨祭のミサ
演奏
トーマス・トロッター(og)
録音
91.11〜12
  • メシアン
    1908年生まれ。1992年没。フランスの作曲家。11歳でパリ音楽院に入学し、デュプレ、デュカスらに師事。36年に「若きフランス」というグループを結成。大戦中はドイツ軍の捕虜となる。戦後音列技法を探求し、鳥の声に基づく作品など、カトリシズム……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015