メガデス / ラスト・イン・ピース [再発]

はてなブックマークに追加
CD
再発
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    ロック&ポップス
  • レーベル:
    キャピトル
  • 規格品番:
    TOCP-3029
  • 価格:
    1,699 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    メガデス / ラスト・イン・ピース [再発]をAmazon.co.jpで購入するメガデス / ラスト・イン・ピース [再発]をHMV.co.jpで購入するメガデス / ラスト・イン・ピース [再発]を楽天ブックスで購入するメガデス / ラスト・イン・ピース [再発]を@TOWER.JPで購入する
    メガデス / ラスト・イン・ピース [再発]を山野楽器で購入するメガデス / ラスト・イン・ピース [再発]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
大幅メンバー・チェンジの後、満を持してのリリースされた90年のアルバム。プロデューサーは、ガンズ&ローゼズにも携わったマイク・クリンクが担当。従来のスラッシュ・パワーをキープしつつも、新ギタリストのマーティ・フリードマンの流麗なプレイが新しい魅力を彼らに加えた。傑作。
トラックリスト
01ホリー・ウォーズ…ザ・パニッシュメント・デュー
鋭角的なリフが疾駆するアグレッシヴなメタル・チューン。ツイン・ギターが絡む東洋的なフレーズによるブレイクから、ヘヴィ・パートを経て再び疾走してクライマックスを迎える構成が実にドラマティックだ。
02ハンガー18
墜落したUFOと宇宙人が収容されているという米空軍基地の第18格納庫について歌ったナンバー。イントロのザクザクとしたギター・リフから、メロディックなパッセージを経てラストの延々と続くソロ・バトルまで、ドラマティックなギター・プレイの連続は圧巻!
03テイク・ノー・プリズナーズ
スピーディでアグレッシヴなリフが楽曲を引っ張る、パワー満載のスラッシュ・メタル・チューン。デイヴ・ムステインのダミ声ヴォーカルの合間に挟み込まれた、男臭いコーラスもいいアクセントになっている。
04ファイヴ・マジックス
緩急自在のドラマティックな曲展開を持つナンバー。ヴォーカル・ヴァースの合間に切り込んでくるギターが実にスリリング。中間部のエキゾティックなソロ、終盤の畳み掛けるようなソロ・パートもインパクト充分だ。
05ポイズン・ワズ・ザ・キュア
不穏なムードを放つイントロダクションに導かれ、一気にテンポ・アップするアグレッシヴ・チューン。古典的なメタリック・リフが疾走し始めると、残りの2分弱はもう突き進むのみ。流れるようなギター・ソロも素晴らしい。
06ルクレチア
緻密に組み立てられたリフを持つメタル・チューン。ノリよいリズムと意外に明るめのメロディ・ライン、そして、エキゾティックなフレーズで迫るギター・ソロ……。そのすべてがコンパクトにまとまった佳曲だ。
07トルネード・オブ・ソウルズ
インパクト充分なイントロ・リフだけでヘッドバンギングを誘うアップ・テンポのナンバー。アグレッシヴなサウンドとひねくれたヴォーカル・ラインの相性も抜群で、マーティ・フリードマンによるエモーショナルなギター・ソロがまた素晴らしい。
08ドーン・パトロール
ベース・リフとドラムスの反復だけでプレイされる、2分に満たないごくシンプルな小曲。自問自答するようにうめく、地球環境の悪化を憂うヴォーカルは、まるで暗闇の中から響いてくるかのようだ。
09ラスト・イン・ピース…ポラリス
米海軍の核搭載可能な潜水艦発射弾道ミサイルの名称を曲名に冠したナンバー。グルーヴィなリフを冷淡に響かせ、ぶっきらぼうに言葉を吐き捨てる。しばしのブレイクに続くギター・ソロの応酬が、エンディングを彩る。
  • メガデス
    1983年米国ロサンゼルスで元メタリカのデイヴ・ムステイン(vo、g)、デヴィッド・エレフソン(b)ら4人によって結成。85年インディーで『キリング・マイ・ビジネス・・・ビジネス・イズ・グッド!』を発表。86年『ピース・セルズ・・・バット・……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015