テレマン:「音楽による礼拝」〜カンタータ「人々よ、耳を傾けなさい」他 ベアード(S)ボウマン(C-T)ミュージック・リクリエーション [廃盤]

はてなブックマークに追加
CD
テレマンはその生涯を通じて実用的な宗教音楽を大量に遺している。この「音楽による礼拝」と題された72曲のカンタータもその1つ。如何にもテレマンらしく、深遠さを控え家庭でも演奏できるよう小さな編成で平易で闊達に書かれた、楽しくも俗っぽい宗教曲だ。
トラックリスト
01「音楽による礼拝」〜カンタータ「人々よ、耳を傾けなさい」
02同〜同「塗油となってふり注ぎなさい」
03ヴィオラ・ダ・ガンバと通奏低音のためのソナタ ホ短調
04「音楽による礼拝」〜カンタータ「神よ、あなたの宮に姿をお見せ下さい」
05同〜同「失せなさい。すくみあがった龍よ」
演奏
(1)(5)ジュリアン・ベァード(S)(2)(4)ジェイムズ・ボウマン(C-T)ミュージック・リクリエーション
  • ゲオルグ・フィリップ・テレマン
    1681年生まれ。1767年没。ドイツ、バロック後期の超人気作曲家。ライプツィヒ大学で法律を学び、音楽は独学。ハンブルク市の音楽総監督を生涯務めた。各地の様式を使いこなし、膨大な作品を残した。出版事業やプロモーターとしても才能を発揮した。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS
[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸
[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015