椎名林檎 / 無罪モラトリアム

はてなブックマークに追加
椎名林檎 / 無罪モラトリアム
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    イーストワールド
  • 規格品番:
    TOCT-24065
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    椎名林檎 / 無罪モラトリアムをAmazon.co.jpで購入する椎名林檎 / 無罪モラトリアムをHMV.co.jpで購入する椎名林檎 / 無罪モラトリアムを楽天ブックスで購入する椎名林檎 / 無罪モラトリアムを@TOWER.JPで購入する
    椎名林檎 / 無罪モラトリアムを山野楽器で購入する椎名林檎 / 無罪モラトリアムをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
まったくとんでもない処女作である。ストイックでいながらなお湿り気を残した歌声が、聴き手の感情の源泉に強烈な爪痕を刻みつける。全曲シングル・カットOKのポピュラリティと、詩に象徴される寒気すら覚えるアナーキズムが絶妙に絡み合った大傑作。★
98年5月に「幸福論」でデビューした椎名林檎の1stアルバムは“新宿系自作自演屋”である彼女の本領が存分に発揮された作品。ポップでありながら歌詞ではアナクロな感性を見せるなど、すでにユニークな個性がスパークしている。
トラックリスト
01正しい街
衝撃的なドラムで始まる、1stアルバム『無罪モラトリアム』のオープニング・ナンバー。百道浜や室見川といった故郷・福岡の地名が盛り込まれた歌詞からは、彼女の決意や屈折した思い出が感じられる。
02歌舞伎町の女王
新宿系自作自演、という当時のキャッチ・コピーを定着させるに十分なインパクトを与えた2ndシングル。「男と出て行った母に代わって歌舞伎町の女王になる」という歌詞の世界を現実にしてしまったかのような勢いを感じさせる。
03丸の内サディスティック
1stアルバム『無罪モラトリアム』収録のポップ・ナンバー。リアルかつ、狂った丸の内OLの胸の内を、韻を踏んだ言葉遊びを用いて退廃的に歌い上げている。歌詞には顔なじみのベンジー(浅井健一)もグレッチのギターを持って登場。
04幸福論 (悦楽編)
1stアルバム『無罪モラトリアム』に収録された(アルバムとシングルは別ヴァージョン)椎名林檎のデビュー・シングル。誠実で純粋な歌詞をブルージィな雰囲気で歌い上げる、椎名林檎の原点と言える楽曲。
05茜さす 帰路照らされど…
1stアルバム『無罪モラトリアム』に収録された、故郷の福岡在住時に制作したミディアム・ナンバーで、サントリー「カクテルバー」CM曲。思春期に感じる不確実な恋の痛みを、振り絞るような高音で歌い上げている。
06シドと白昼夢
07積木遊び
1stアルバム『無罪モラトリアム』収録の痛快な疾走ロック。陰湿な雰囲気を常に醸し出しながら、コミカルなことをさらっと陽気にやりのけてしまう彼女の創造力とセンスには感服。ロック、パンクが駆け抜けるサウンドに、するりと“なんちゃって御琴”が入り込むブリッジには“やられた”と思わざるをえない恍惚の3分半。
08ここでキスして。
1stアルバム『無罪モラトリアム』収録の、椎名林檎の名を世間に知らしめることとなった代表曲。独特の歌詞や語尾の伸ばし方、ビブラートなど、彼女の個性が思い切り全面に出た狂おしいほどに切ないラヴ・ソング。
09同じ夜
1stアルバム『無罪モラトリアム』収録曲。イントロのヴァイオリンが特徴的な、落ち着いた印象のバラード・ナンバー。しかし曲はそのまま終わらず、最後には狂ったような感情へ昇華されるところが椎名林檎らしい。
10警告
1stアルバム『無罪モラトリアム』に収録のロック・チューン。淡々としたリズムの波に印象的なギター・リフがのってつつき出すと、それに反応したドラムが活気を得、ヴォーカルもうねり出す。生き生きとした肉欲的なサウンドが耳を捉えて離さない。ラストの艶めかしい声を聴き終えてリワインドしていたら、彼女の術中にハマった証拠。
11モルヒネ
1stアルバム『無罪モラトリアム』の最後に収められた曲。少々けだるい雰囲気のベース・ラインに自虐的かつ抽象的な歌詞が乗る様は、まさに脳内麻薬が分泌されているように思える。メロディの良さが際立つ佳曲。
  • 椎名林檎
    1978年11月25日生まれ、福岡県福岡市出身のシンガー・ソングライター。98年にシングル「幸福論」でデビュー。2004〜2012年は自身が率いるバンド、東京事変の活動も並行。また、他アーティストへの楽曲提供や『さくらん』などの映画や舞台の……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015