「凶気の桜」オリジナル・サウンドトラック

はてなブックマークに追加
「凶気の桜」オリジナル・サウンドトラック
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    映画音楽
  • レーベル:
    DefSTAR RECORDS
  • 規格品番:
    DFCL-1082
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    「凶気の桜」オリジナル・サウンドトラックをAmazon.co.jpで購入する「凶気の桜」オリジナル・サウンドトラックをHMV.co.jpで購入する「凶気の桜」オリジナル・サウンドトラックを楽天ブックスで購入する「凶気の桜」オリジナル・サウンドトラックを@TOWER.JPで購入する
    「凶気の桜」オリジナル・サウンドトラックを山野楽器で購入する「凶気の桜」オリジナル・サウンドトラックをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
キングギドラによる主題歌をふくむハードコア・ヒップホップ曲を揃えた、窪塚洋介主演映画のオリジナル・サントラ盤。コンセプトが映画のテーマとよくリンクしているため、単なるコンピ盤とは一線を画したゴリゴリの空気と緊迫感がすみずみまで行き渡っている。硬い。
キングギドラのリーダーであるK DUB SHINEが初めて音楽監督を務めた映画『凶気の桜』のサントラ。過激なバイオレンス・ストーリーに合わせたリアルなヒップホップやR&B満載だ。
トラックリスト
01ジェネレーションネクスト (SAKURAリミックス) (キングギドラ)
02アウトロー (K DUB SHINE feat.ZEEBRA)
03行動 (童子-T)
04リベンジ (JA 飛龍 feat.PROJECT 雷電)
05Family (is one of nature's masterplaces) (JuJu)
06撫子 (DJ OASIS feat.UZI)
07生き証人 (青のブルース) (K DUB SHINE)
08I CONFESS (JuJu)
09サクラサク (MASTERPIECE feat.CORN HEAD、RUDE BOY FACE、HAN-KUN and RYO the SKYWALKER)
10ジャッカル (JA 飛龍 feat.PROJECT 雷電)
11LET ME FLOW (DJ Masterkey feat.Hi-Timez)
12過去のない未来 (JuJu)
13凶気のサクラ (K DUB SHINE)
14和魂 (山口進)
  • K DUB SHINE
    1968年5月8日生まれ、東京都渋谷区出身の日本のヒップホップMC。愛称は“ビッグコッタ”など。本名は各務貢太。高校時代に米留学し、ヒップホップを体験。日本語でのラップを模索し、93年にZeebra、DJ OASISとともにヒップホップ・ユ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015