上戸彩 / 愛のために。 [CCCD]

はてなブックマークに追加
上戸彩 / 愛のために。 [CCCD]
CD
CCCD
  • アーティスト:
  • 形態 / ジャンル:
    シングル / 日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    ポニーキャニオン
  • 規格品番:
    PCCA-01975
  • 価格:
    1,200 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    上戸彩 / 愛のために。 [CCCD]をAmazon.co.jpで購入する上戸彩 / 愛のために。 [CCCD]をHMV.co.jpで購入する上戸彩 / 愛のために。 [CCCD]を楽天ブックスで購入する上戸彩 / 愛のために。 [CCCD]を@TOWER.JPで購入する
    上戸彩 / 愛のために。 [CCCD]を山野楽器で購入する上戸彩 / 愛のために。 [CCCD]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
7枚目となるシングルは自身主演のTVドラマ『エースをねらえ!』のエンディング・テーマ。歌うは織田哲郎作・プロデュースによるイマドキの青春スカ・ポップ。やるわね、ひろみ! 「微熱」のピコピコ80'sなリミックス曲があまりにもズッパまりで驚く。テクノ歌姫路線いいんじゃない?
上戸彩の今年第1弾シングル。1月よりスタートするテレビ朝日系ドラマ『エースをねらえ!』(テニス漫画の名作が原作)でも使用され、上戸本人も、主人公の岡ひろみ役で出演。歌同様その勇姿にも大いに期待。
2004年第1弾シングルは、山本鈴美香原作で、TVアニメ化され大ヒットを記録した名作『エースをねらえ!』のTVドラマ版タイアップ曲。本人も主人公・岡ひろみ役で出演する。
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    9位 (2004/2/2)
トラックリスト
01愛のために。
02アリガト
織田哲郎のプロデュース作品だがアルバム未収録で、隠れた名曲と呼ばれるラヴ・ソング。ギターやリコーダーのアコースティックなサウンドをバックに、シンガーとしての実力を存分に発揮して歌い上げるスロー・バラードである。失恋の後でこんなに爽やかに、こんなに素直にいられたらどんなに素敵か……そう思わせる出来栄え。
03微熱 (1980 BOOGIE STYLE)
新たなイメージを打ち出し、上戸彩のシンガーとしてのステップ・アップ・ナンバーとしても人気の「微熱」を大胆アレンジ。80年代ブギ風のリミックスということで、シンセ・ドラムによるスピーディなビートが曲全体を覆いつくしている。エレクトロニック・チューンとしても聴きごたえがあり、ラストの処理もかっこいい。
04愛のために。 (instrumental)
タイアップ
  • 「愛のために。」 - テレビ朝日「エースをねらえ!」エンディングテーマ
  • 上戸彩
    1985年9月14日東京都生まれ。女優、歌手。97年に第7回国民的美少女コンテスト審査員特別賞受賞。99年から本格的にタレント活動を開始する。多くのCMに出演し、イメージキャラクター、ドラマなどで活躍。01年にTBS系『3年B組 金八先生』……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015