JUJU / この夜を止めてよ

はてなブックマークに追加
JUJU / この夜を止めてよ
CD
  • アーティスト:
  • 形態 / ジャンル:
    シングル / 国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ワンネイション
  • 規格品番:
    AICL-2205
  • 価格:
    1,165 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    JUJU / この夜を止めてよをAmazon.co.jpで購入するJUJU / この夜を止めてよをHMV.co.jpで購入するJUJU / この夜を止めてよを楽天ブックスで購入するJUJU / この夜を止めてよを@TOWER.JPで購入する
    JUJU / この夜を止めてよを山野楽器で購入するJUJU / この夜を止めてよをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
同じ色の夢を見ていたはずの恋人同士が、いつしか違う道を歩いていた……。15枚目のシングルは、愛する人との苦悩の思いを、痛いほどの情感を込めて歌いあげた胸を苦しくさせる感涙のバラード。「Piece Of Our Days」は、洗練されたジャズのスローな演奏をバックに傷ついた二人の再生する姿をしっとりと描いている。
2010年11月発表のシングル。タイトル曲は、フジテレビ系ドラマ『ギルティ 悪魔と契約した女』主題歌に起用の、すべてを包み込むようなヴォーカルが魅力のナンバーだ。
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    16位 (2010/11/15)  ⇒  18位 (12/20)
トラックリスト
01この夜を止めてよ
崎谷健次郎「もう一度夜を止めて」の女性版といえるセンチメンタルなミッド。松尾潔とJin Nakamuraによる琴線に触れるサウンドや物憂げな歌唱が、大人の恋愛のもどかしさを生々しく突きつける。フジテレビ系ドラマ『ギルティ〜』主題歌の15thシングル。
02Piece Of Our Days
DJ HIROnyc制作による鍵盤とギターを軸にしたハートウォームなミッド。JUJUはホッとした安堵を感じさせる肌あたりのやわらかい歌唱を披露、いつまでもそばにいようと優しく語りかける。テレビ東京系『ワールドビジネスサテライト』テーマ曲。
03言葉にできない
04この夜を止めてよ (instrumental)
タイアップ
  • 「Piece Of Our Days」 - テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」エンディングテーマ
  • 「この夜を止めてよ」 - フジテレビ「ギルティ 悪魔と契約した女」主題歌
  • JUJU
    広島県出身の女性シンガー・ソングライター。名前はウェイン・ショーターのアルバム『ジュジュ』に由来。サラ・ヴォーンやキャロン・ウィーラーに憧れ、幼少の頃よりジャズ・シンガーを志す。学生時代に渡米し、ニューヨークに移住。2004年にメジャー・デ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015