JUJU / この夜を止めてよ

はてなブックマークに追加
JUJU / この夜を止めてよ
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ワンネイション
  • 規格品番:
    AICL-2205
  • 価格:
    1,165 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    JUJU / この夜を止めてよをAmazon.co.jpで購入するJUJU / この夜を止めてよをHMV.co.jpで購入するJUJU / この夜を止めてよを楽天ブックスで購入するJUJU / この夜を止めてよを@TOWER.JPで購入する
    JUJU / この夜を止めてよを山野楽器で購入するJUJU / この夜を止めてよをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
同じ色の夢を見ていたはずの恋人同士が、いつしか違う道を歩いていた……。15枚目のシングルは、愛する人との苦悩の思いを、痛いほどの情感を込めて歌いあげた胸を苦しくさせる感涙のバラード。「Piece Of Our Days」は、洗練されたジャズのスローな演奏をバックに傷ついた二人の再生する姿をしっとりと描いている。
2010年11月発表のシングル。タイトル曲は、フジテレビ系ドラマ『ギルティ 悪魔と契約した女』主題歌に起用の、すべてを包み込むようなヴォーカルが魅力のナンバーだ。
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    16位 (2010/11/15)  ⇒  18位 (12/20)
トラックリスト
01この夜を止めてよ
崎谷健次郎「もう一度夜を止めて」の女性版といえるセンチメンタルなミッド。松尾潔とJin Nakamuraによる琴線に触れるサウンドや物憂げな歌唱が、大人の恋愛のもどかしさを生々しく突きつける。フジテレビ系ドラマ『ギルティ〜』主題歌の15thシングル。
02Piece Of Our Days
DJ HIROnyc制作による鍵盤とギターを軸にしたハートウォームなミッド。JUJUはホッとした安堵を感じさせる肌あたりのやわらかい歌唱を披露、いつまでもそばにいようと優しく語りかける。テレビ東京系『ワールドビジネスサテライト』テーマ曲。
03言葉にできない
04この夜を止めてよ (instrumental)
タイアップ
  • 「Piece Of Our Days」 - テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」エンディングテーマ
  • 「この夜を止めてよ」 - フジテレビ「ギルティ 悪魔と契約した女」主題歌
  • JUJU
    日本のシンガー・ソングライター。名前はウェイン・ショーターのアルバム『ジュジュ』に由来。サラ・ヴォーンやキャロン・ウィーラーに憧れ、幼少の頃よりジャズ・シンガーを志す。学生時代に渡米し、ニューヨークに移住。2004年にシングル「光の中へ」で……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015