JUJU / この夜を止めてよ

はてなブックマークに追加
JUJU / この夜を止めてよ
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ワンネイション
  • 規格品番:
    AICL-2205
  • 価格:
    1,165 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    JUJU / この夜を止めてよをAmazon.co.jpで購入するJUJU / この夜を止めてよをHMV.co.jpで購入するJUJU / この夜を止めてよを楽天ブックスで購入するJUJU / この夜を止めてよを@TOWER.JPで購入する
    JUJU / この夜を止めてよを山野楽器で購入するJUJU / この夜を止めてよをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
同じ色の夢を見ていたはずの恋人同士が、いつしか違う道を歩いていた……。15枚目のシングルは、愛する人との苦悩の思いを、痛いほどの情感を込めて歌いあげた胸を苦しくさせる感涙のバラード。「Piece Of Our Days」は、洗練されたジャズのスローな演奏をバックに傷ついた二人の再生する姿をしっとりと描いている。
2010年11月発表のシングル。タイトル曲は、フジテレビ系ドラマ『ギルティ 悪魔と契約した女』主題歌に起用の、すべてを包み込むようなヴォーカルが魅力のナンバーだ。
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    16位 (2010/11/15)  ⇒  18位 (12/20)
トラックリスト
01この夜を止めてよ
崎谷健次郎「もう一度夜を止めて」の女性版といえるセンチメンタルなミッド。松尾潔とJin Nakamuraによる琴線に触れるサウンドや物憂げな歌唱が、大人の恋愛のもどかしさを生々しく突きつける。フジテレビ系ドラマ『ギルティ〜』主題歌の15thシングル。
02Piece Of Our Days
DJ HIROnyc制作による鍵盤とギターを軸にしたハートウォームなミッド。JUJUはホッとした安堵を感じさせる肌あたりのやわらかい歌唱を披露、いつまでもそばにいようと優しく語りかける。テレビ東京系『ワールドビジネスサテライト』テーマ曲。
03言葉にできない
04この夜を止めてよ (instrumental)
タイアップ
  • 「Piece Of Our Days」 - テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」エンディングテーマ
  • 「この夜を止めてよ」 - フジテレビ「ギルティ 悪魔と契約した女」主題歌
  • JUJU
    日本のシンガー・ソングライター。名前はウェイン・ショーターのアルバム『ジュジュ』に由来。サラ・ヴォーンやキャロン・ウィーラーに憧れ、幼少の頃よりジャズ・シンガーを志す。学生時代に渡米し、ニューヨークに移住。2004年にシングル「光の中へ」で……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015