ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 / サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 大谷康子(VN) 東京so. 他

はてなブックマークに追加
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 / サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 大谷康子(VN) 東京so. 他
CD
  • ジャンル:
    クラシック 〜 協奏曲
  • レーベル:
    キング
  • 規格品番:
    KICC-997
  • 価格:
    2,667 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 / サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 大谷康子(VN) 東京so. 他をAmazon.co.jpで購入するブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 / サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 大谷康子(VN) 東京so. 他をHMV.co.jpで購入するブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 / サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 大谷康子(VN) 東京so. 他を楽天ブックスで購入するブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 / サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 大谷康子(VN) 東京so. 他を@TOWER.JPで購入する
    ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 / サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 大谷康子(VN) 東京so. 他を山野楽器で購入するブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 / サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 大谷康子(VN) 東京so. 他をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
東京so.のソロ・コンサートマスターの傍ら、ソロや室内楽と活躍している大谷康子の、東響とのコンチェルト・アルバム第3弾。今回は、広上淳一、大友直人の指揮の下、華やかなヴァイオリンの妙技が堪能できる。
トラックリスト
●ブルッフ:
01ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調op.26
サン=サーンス:
02ヴァイオリン協奏曲第3番ロ短調op.61
演奏
大谷康子(VN) 東京交響楽団 (1)広上淳一,(2)大友直人(指揮)
録音
(1)2010.9 (2)2009.10
  • 大谷康子
    日本のヴァイオリニスト。東京芸術大学、同大学院博士課程修了。兎束龍夫、福元裕、ジャン・ローラン、海野義雄、田中千香士に師事。1976年にシェリング来日記念コンクール第2位。81〜94年まで東京シティ・フィル首席コンサートマスターを務める。8……
  • 東京交響楽団
    日本のオーケストラ。略称は“東響”。神奈川県川崎市のミューザ川崎シンフォニーホールを本拠地とする。1946年に東宝交響楽団として創立。51年に現名に改称。アルヴィド・ヤンソンス、近衛秀麿、上田仁らが歴代指揮者に名を連ね、世界的な演奏家とも多……
  • マックス・ブルッフ
    1838年生まれ。1920年没。ドイツ出身。当時はオラトリオ作曲家として有名だったが、今日ではヴァイオリン作品への評価が高い。ヒラーとライネッケに作曲を学ぶ。メンデルスゾーンの影響を受け、甘美な旋律と緊張感のあるリズムを持つ、ロマンチックな……
  • カミーユ・サン=サーンス
    1835年生まれ。1921年没。フランスの作曲家。神童と言われ13歳でパリ音楽院に入学。パリのマドレーヌ教会のオルガニストを務め、一方ピアノ教授としてフォーレらを育てる。「国民音楽協会」を創設して、器楽音楽の発展を目指し、近代フランス音楽の……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS
[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸
[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子[インタビュー] “シンガー・ソングライターとして”前に進むための一歩、山森大輔『銀のピストル』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015