miwa / ヒカリへ

はてなブックマークに追加
miwa / ヒカリへ
CD
  • アーティスト:
  • 形態 / ジャンル:
    シングル / 国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    SONY Records
  • 規格品番:
    SRCL-8076
  • 価格:
    1,165 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    miwa / ヒカリへをAmazon.co.jpで購入するmiwa / ヒカリへをHMV.co.jpで購入するmiwa / ヒカリへを楽天ブックスで購入するmiwa / ヒカリへを@TOWER.JPで購入する
    miwa / ヒカリへを山野楽器で購入するmiwa / ヒカリへをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
2ndアルバム『guitarium』も好調なmiwaの、2012年8月15日リリースの9thシングル。「ヒカリへ」は、小栗旬、石原さとみ主演のフジテレビ系“月9”ドラマ『リッチマン、プアウーマン』主題歌となっている。
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    6位 (2012/8/13)  ⇒  17位 (9/17)  ⇒  20位 (9/24)
※ 曲目等の収録内容は変更になる場合があります。
トラックリスト
01ヒカリヘ
フジテレビ系ドラマ『リッチマン、プアウーマン』の主題歌に起用された9thシングル。これまでになかった4つ打ちやエレクトロなサウンド・テクスチャーに挑戦。明るい未来に強い信念を持つ歌詞、憂いを持つ歌声がクールに融合している。
02Napa
米カリフォルニアのナパ・ヴァレーへの留学体験をもとに制作。“あなたが好きだと言ってたバンド 今でも聴いてる”なんて、同地の友人(好きだった人?)に向けた手紙のような親密さにあふれたミディアム・ナンバーだ。
03HiKARiE (Remix) (English version)
04ヒカリヘ (instrumental)
05僕が僕であるために
タイアップ
  • 「ヒカリへ」 - フジテレビ「リッチマン,プアウーマン」主題歌
  • miwa(SONY Records)
    1990年6月15日生まれ、神奈川県葉山出身のシンガー・ソングライター。東京育ち、慶應義塾大学卒。2010年にシングル「don't cry anymore」でメジャー・デビュー。翌年の1stアルバム『guitarissimo』が1位となると……
  • miwa / ヒカリへ [CD+DVD] [限定]
    シングル SRCL-8074〜5   1,500円+税   2012/08/15 発売
    miwa / ヒカリへ [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入するmiwa / ヒカリへ [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するmiwa / ヒカリへ [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するmiwa / ヒカリへ [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するmiwa / ヒカリへ [CD+DVD] [限定]を山野楽器で購入するmiwa / ヒカリへ [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    2ndアルバム『guitarium』も好調なmiwaの、2012年8月15日リリースの9thシングル。「ヒカリへ」は、小栗旬、石原さとみ主演のフジテレビ系“月9”ドラマ『リッチマン、プアウーマン』主題……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015