北村早樹子 / 卵のエチュード / マイハッピーお葬式 [紙ジャケット仕様]

MyCDJ お気に入りリストに「北村早樹子 / 卵のエチュード / マイハッピーお葬式 [紙ジャケット仕様] - CDJournal.com」を追加/削除するはてなブックマークに追加
北村早樹子 / 卵のエチュード / マイハッピーお葬式 [紙ジャケット仕様]
CD
紙ジャケット仕様
  • アーティスト:
  • 形態 / ジャンル:
    シングル / 国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    warabisco
  • 規格品番:
    WRBC-003
  • 価格:
    800 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    北村早樹子 / 卵のエチュード / マイハッピーお葬式 [紙ジャケット仕様]をAmazon.co.jpで購入する北村早樹子 / 卵のエチュード / マイハッピーお葬式 [紙ジャケット仕様]をHMV.co.jpで購入する北村早樹子 / 卵のエチュード / マイハッピーお葬式 [紙ジャケット仕様]を楽天ブックスで購入する北村早樹子 / 卵のエチュード / マイハッピーお葬式 [紙ジャケット仕様]を@TOWER.JPで購入する
    北村早樹子 / 卵のエチュード / マイハッピーお葬式 [紙ジャケット仕様]を山野楽器で購入する北村早樹子 / 卵のエチュード / マイハッピーお葬式 [紙ジャケット仕様]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
「卵のエチュードは」白石晃士監督映画『殺人ワークショップ』主題歌。ピアノの弾き語りを基調とした幻想的なサウンドに乗せて、卵をモチーフとしたイマジネイティブな歌の世界を展開する。「マイハッピーお葬式」は自らの葬式を空想した(?)牧歌的な楽曲。独自の作家性を持つ注目の女性シンガーだ。
執筆活動や役者などもこなす大阪出身のシンガー・ソングライター、北村早樹子のシングル。「卵のエチュード」は白石晃士監督の映画『殺人ワークショップ』へ向けての書き下ろし曲で、「マイハッピーお葬式」はライヴでの人気曲を音源化した両A面仕様だ。
トラックリスト
01卵のエチュード
02マイハッピーお葬式
  • 北村早樹子
    1985年、大阪府生まれの日本の女性シンガー・ソングライター。高校の頃より楽曲制作し、歌い始める。2006年に1stアルバム『聴心器』を発表。2009年、木村文洋監督映画『へばの』主題歌を担当。2011年の3rdアルバム『明るみ』は豊田道倫……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015