ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集(全曲) セル / クリーヴランドo. [SA-CDハイブリッド] [限定]

はてなブックマークに追加
SA-CD
SA-CDハイブリット
限定
  • 形態 / ジャンル:
    アルバム / クラシック 〜 管弦楽曲
  • レーベル:
    SONY CLASSICAL
  • 規格品番:
    SICC-10249
  • 価格:
    2,500 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集(全曲) セル / クリーヴランドo. [SA-CDハイブリッド] [限定]をAmazon.co.jpで購入するドヴォルザーク:スラヴ舞曲集(全曲) セル / クリーヴランドo. [SA-CDハイブリッド] [限定]をHMV.co.jpで購入するドヴォルザーク:スラヴ舞曲集(全曲) セル / クリーヴランドo. [SA-CDハイブリッド] [限定]を楽天ブックスで購入するドヴォルザーク:スラヴ舞曲集(全曲) セル / クリーヴランドo. [SA-CDハイブリッド] [限定]を@TOWER.JPで購入する
    ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集(全曲) セル / クリーヴランドo. [SA-CDハイブリッド] [限定]を山野楽器で購入するドヴォルザーク:スラヴ舞曲集(全曲) セル / クリーヴランドo. [SA-CDハイブリッド] [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
※ 曲目等の収録内容は変更になる場合があります。
トラックリスト
●ドヴォルザーク:
01スラヴ舞曲第1番ハ長調op.46-1
02スラヴ舞曲第2番ホ短調op.46-2
03スラヴ舞曲第3番変イ長調op.46-3
04スラヴ舞曲第4番ヘ長調op.46-4
05スラヴ舞曲第5番イ長調op.46-5
06スラヴ舞曲第6番ニ長調op.46-6
07スラヴ舞曲第7番ハ短調op.46-7
08スラヴ舞曲第8番ト短調op.46-8
09スラヴ舞曲第9番ロ長調op.72-1
10スラヴ舞曲第10番ホ短調op.72-2
11スラヴ舞曲第11番ヘ長調op.72-3
12スラヴ舞曲第12番変ニ長調op.72-4
13スラヴ舞曲第13番変ロ短調op.72-5
14スラヴ舞曲第14番変ロ長調op.72-6
15スラヴ舞曲第15番ハ長調op.72-7
16スラヴ舞曲第16番変イ長調op.72-8
仕様
SA-CDハイブリッド仕様
演奏
ジョージ・セル指揮 クリーヴランド管弦楽団
録音
(1)(3)(10)(15)62.7,8 (2)(4)(5)(7)(9)(11)(14)(16)65
  • クリーヴランド管弦楽団
    米オハイオ州クリーヴランドを拠点とするオーケストラ。1918年、アデラ・プレンティス・ヒューズがニコライ・ソコロフを常任指揮者に迎えて創立。米5大オーケストラ“ビッグ・ファイヴ”の一つ。発足当初より米東部で演奏旅行、ラジオ出演やレコード制作……
  • ジョージ・セル
    指揮者。1897年ハンガリーのブダペスト生まれ。1970年没。3歳の時ウィーンへ行き、11歳でウィーン響とピアニストとして共演。17歳でベルリン・フィルを指揮して自作を発表するという神童だった。15年にR・シュトラウスに認められベルリン国立……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015