ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集(全曲) セル / クリーヴランドo. [SA-CDハイブリッド] [限定]

はてなブックマークに追加
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集(全曲) セル / クリーヴランドo. [SA-CDハイブリッド] [限定]
SA-CD
SA-CDハイブリット
限定
  • 形態 / ジャンル:
    アルバム / クラシック 〜 管弦楽曲
  • レーベル:
    SONY CLASSICAL
  • 規格品番:
    SICC-10249
  • 価格:
    2,500 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集(全曲) セル / クリーヴランドo. [SA-CDハイブリッド] [限定]をAmazon.co.jpで購入するドヴォルザーク:スラヴ舞曲集(全曲) セル / クリーヴランドo. [SA-CDハイブリッド] [限定]をHMV.co.jpで購入するドヴォルザーク:スラヴ舞曲集(全曲) セル / クリーヴランドo. [SA-CDハイブリッド] [限定]を楽天ブックスで購入するドヴォルザーク:スラヴ舞曲集(全曲) セル / クリーヴランドo. [SA-CDハイブリッド] [限定]を@TOWER.JPで購入する
    ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集(全曲) セル / クリーヴランドo. [SA-CDハイブリッド] [限定]を山野楽器で購入するドヴォルザーク:スラヴ舞曲集(全曲) セル / クリーヴランドo. [SA-CDハイブリッド] [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
録音後半世紀以上を経過しているが、現在でもこの曲のベストを争う演奏と断言できよう。都会的で洗練された機能美と知性美を基調としながらも、チェコの民族色が絶妙に浮かび上がる。駄演皆無のセルの録音の中でも、屈指の名品ではなかろうか。SA-CD化で音質も格段に向上している。
ジョージ・セルとクリーヴランド管弦楽団が、絶頂期にあった1963年から65年にかけて収録したドヴォルザークの「スラヴ舞曲集」。チェコの民族的色彩を色濃く帯びた16曲を、ダイナミックでありながら気品を感じさせる見事な名人芸で聴かせてくれる。
トラックリスト
●ドヴォルザーク:
01スラヴ舞曲第1番ハ長調op.46-1
02スラヴ舞曲第2番ホ短調op.46-2
03スラヴ舞曲第3番変イ長調op.46-3
04スラヴ舞曲第4番ヘ長調op.46-4
05スラヴ舞曲第5番イ長調op.46-5
06スラヴ舞曲第6番ニ長調op.46-6
07スラヴ舞曲第7番ハ短調op.46-7
08スラヴ舞曲第8番ト短調op.46-8
09スラヴ舞曲第9番ロ長調op.72-1
10スラヴ舞曲第10番ホ短調op.72-2
11スラヴ舞曲第11番ヘ長調op.72-3
12スラヴ舞曲第12番変ニ長調op.72-4
13スラヴ舞曲第13番変ロ短調op.72-5
14スラヴ舞曲第14番変ロ長調op.72-6
15スラヴ舞曲第15番ハ長調op.72-7
16スラヴ舞曲第16番変イ長調op.72-8
仕様
SA-CDハイブリッド仕様
演奏
ジョージ・セル指揮 クリーヴランド管弦楽団
録音
(1)(3)(10)(15)63.1 (2)(4)(5)(7)(9)(11)(13)(14)(16)
  • クリーヴランド管弦楽団
    米オハイオ州クリーヴランドを拠点とするオーケストラ。1918年、アデラ・プレンティス・ヒューズがニコライ・ソコロフを常任指揮者に迎えて創立。米5大オーケストラ“ビッグ・ファイヴ”の一つ。発足当初より米東部で演奏旅行、ラジオ出演やレコード制作……
  • ジョージ・セル
    指揮者。1897年ハンガリーのブダペスト生まれ。1970年没。3歳の時ウィーンへ行き、11歳でウィーン響とピアニストとして共演。17歳でベルリン・フィルを指揮して自作を発表するという神童だった。15年にR・シュトラウスに認められベルリン国立……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
[インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”[インタビュー] 原点回帰を経て再確認した“本気”の在り所 加藤和樹『SPICY BOX』
[インタビュー] “世界の先端で戦うということ” BIGYUKI『リーチング・フォー・ケイローン』[インタビュー] 音楽の“過去と未来”とを想像力でつないでみせる歌 高田 漣『ナイトライダーズ・ブルース』
[インタビュー] 永遠に愛される曲を目指して――サラ・オレインが真価を発揮した『Cinema Music』[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015