キース・ジャレット・トリオ / アフター・ザ・フォール [2CD]

はてなブックマークに追加
キース・ジャレット・トリオ / アフター・ザ・フォール [2CD]
CD
98年11月14日、ニュージャージー州のホールで収録。活動再開コンサート音源の蔵出しだが、復帰ソロ作『メロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユー』に漂う“病み上がり感”は希薄。ビ・バップ曲のソロなど、軽快そのもの。ピーコック、ディジョネットの存在の大きさが伝わるという意味でも充実作。
慢性疲労症候群で休養を余儀なくされたキース・ジャレットが復帰後最初に行なったトリオでのライヴを収録した2枚組。当時よく演奏されていた楽曲が網羅されており、ブランクを感じさせない名演が聴ける。
トラックリスト
[Disc 1]
01THE MASQUERADE IS OVER
02SCRAPPLE FROM THE APPLE
03OLD FOLKS
04AUTUMN LEAVES
[Disc 2]
01BOUNCIN' WITH BUD
02DOXY
03I'LL SEE YOU AGAIN
04LATE LAMENT
05ONE FOR MAJID
06SANTA CLAUS IS COMING TO TOWN
07MOMENT'S NOTICE
08WHEN I FALL IN LOVE
仕様
スリーヴケース付き
演奏
キース・ジャレット(P) ゲイリー・ピーコック(B) ジャック・ディジョネット(DS)
録音
98.11
封入特典
  • 解説/キース・ジャレット本人によるライナーの和訳
  • キース・ジャレット
    1945年5月米国ペンシルヴァニア州アレンタウン生まれ。65年にジャズ・メッセンジャーズ、66年にはチャールス・ロイド・カルテットに参加。その後70〜71年にマイルス・デイヴィス・グループで演奏したほかは、一貫して自身のグループで活動。70……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』
[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明
[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015