佐山雅弘 / アフター・ユー

はてなブックマークに追加
佐山雅弘 / アフター・ユー
CD
  • 原題:
    AFTER YOU
  • ジャンル:
    ジャズ
  • レーベル:
    パドルホイール
  • 規格品番:
    KICJ-642
  • 価格:
    2,857 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    佐山雅弘 / アフター・ユーをAmazon.co.jpで購入する佐山雅弘 / アフター・ユーをHMV.co.jpで購入する佐山雅弘 / アフター・ユーを楽天ブックスで購入する佐山雅弘 / アフター・ユーを@TOWER.JPで購入する
    佐山雅弘 / アフター・ユーを山野楽器で購入する佐山雅弘 / アフター・ユーをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
“Vintage”と称した佐山雅弘率いるピアノ・トリオの第2弾。有名曲と渋めのスタンダードを織りまぜた選曲で、今回は佐山が作曲したオリジナルも4曲とりあげた。日本のジャズ界のマエストロたちによるバンド名どおりの熟成した美しい演奏に酔いしれる。
ジャズ・ピアニストによるトリオ編成でのアルバム第2弾。ベースに井上陽介、ドラムに大坂昌彦を迎え、ジャズのスタンダード・ナンバーのカヴァーやオリジナル楽曲、ベートーヴェンを扱った曲など幅広く演奏している。
トラックリスト
01I'VE GROWN ACCUSTOMED TO HER FACE
02AFTER YOU
03LUDWIG
04MAM SELLE
05I'VE GOT THE WORLD ON A STRING
06LAWNS
07TILL WHEN?
08WHAT'S THE HAPPINESS?
09SOMEDAY MY PRINCE WILL COME
10ONE NOTE SAMBA
11BOLIVIA
12ASK YOU A FAVOR
演奏
佐山雅弘(P) 井上陽介(B) 大坂昌彦(DS)
録音
2012.2
  • 大坂昌彦
    1966年9月28日、秋田県横手市生まれのジャズ・ドラマー。10歳の頃、ギター奏者の父よりドラムを学ぶ。86年、バークリー音楽大学へ留学。在学中にデルフィーヨ・マルサリスのバンドに在籍し、全米各地のジャズ・フェスに出演。ニューヨークで活動の……
  • 井上陽介
    1964年大阪生まれ。ジャズ・ベーシスト。大阪音楽大学卒業。在学中よりプロとして活動を開始。上京後、日野元彦(ds)、佐藤允彦(p)らのグループを経て91年よりニューヨークを拠点に活動。日野皓正(tp)、ハンク・ジョーンズ(p)、穐吉敏子(……
  • 佐山雅弘
    1953年11月26日生まれ、兵庫県尼崎市出身のジャズ・ピアニスト/作・編曲家。大学在学時より音楽活動を開始。ジャンルの枠を越えたアーティストたちと共演し、幅広く活動を展開。84年のリーダー作『SBATOTTO』以降、コンスタントに作品を発……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015