ももいろクローバーZ / バトル アンド ロマンス [2CD] [限定]

MyCDJ お気に入りリストに「ももいろクローバーZ / バトル アンド ロマンス [2CD] [限定] - CDJournal.com」を追加/削除するはてなブックマークに追加
ももいろクローバーZ / バトル アンド ロマンス [2CD] [限定]
CD
限定
  • アーティスト:
  • 原題:
    BATTLE AND ROMANCE
  • 形態 / ジャンル:
    アルバム / 国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    スターチャイルド
  • 規格品番:
    KICS-91678
  • 価格:
    3,333 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ももいろクローバーZ / バトル アンド ロマンス [2CD] [限定]をAmazon.co.jpで購入するももいろクローバーZ / バトル アンド ロマンス [2CD] [限定]をHMV.co.jpで購入するももいろクローバーZ / バトル アンド ロマンス [2CD] [限定]を楽天ブックスで購入するももいろクローバーZ / バトル アンド ロマンス [2CD] [限定]を@TOWER.JPで購入する
    ももいろクローバーZ / バトル アンド ロマンス [2CD] [限定]を山野楽器で購入するももいろクローバーZ / バトル アンド ロマンス [2CD] [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ももいろクローバーZ / バトル アンド ロマンス [2CD] [限定]
“いま、会えるアイドル”をコンセプトとした5人組ガールズ・ユニット、ももいろクローバーZによる2011年7月発表の1stアルバム。「D'の純情」など先行シングルのほか、新録音源も収録する。
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    32位 (2013/4/15)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    19位 (2012/3/26)
トラックリスト
[Disc 1]
01Z伝説〜終わりなき革命〜
早見あかりが脱退、“Z”として初のリリースとなった4thシングル。水木一郎と立木文彦をゲストに迎え、戦隊ヒーロー風のアレンジを施したユニークな曲調が肝だ。メンバーの自己紹介的な歌詞も独特だが、“BLUE!! あ……”が泣ける。
02CONTRADICTION
ブイブイと鳴るシンセ・ベースを中心に、アップ・テンポで一気に駆け抜けるクールなナンバー。マジョリティに埋もれることなく“アクセルベタ踏み”でいこう、と全力パフォーマンスが持ち味の彼女たちならではの強い想いを歌い上げる。
03ミライボウル
スポークン・ワード風のゆるめの歌唱が渋谷系の血脈を感じさせる、前山田健一作曲の3rdシングル。キュート&オシャレ路線かと思いきや、サビでありえないくらいの変化をみせるあたりがももクロ印。NARASAKIの編曲が効いている。
04ワニとシャンプー
遊び尽くした夏休み、8月31日に手を付ける宿題の山……多かれ少なかれ誰しも経験があるような苦い思い出を歌ったサンバ・テイストのキラー・チューン。突拍子もないタイトルの組み合わせは、酸素を作るのに必要とされるもの!?
05ピンキージョーンズ
NARASAKIが作/編曲を手がけた2ndシングル。基本はアップ・テンポのポップ・チューンだが、全編にわたって忍ばせたアジアン・テイストが絶妙な味わいを醸し出している。メンバーの名前を使ったブリッジの歌詞も楽しい。
06キミノアト
悲しげなピアノとバンド・サウンドで聴かせる本格派バラード。ドラマティックなメロディに乗せ、消えない想いとは裏腹に、迎えてしまった別れを綴った物語が切なく響く。ある意味では貴重ともいえる、彼女たちの小細工なしの歌唱も見事。
07D'の純情
「Chai Maxx」と同じく、只野菜摘×横山克のコンビによる5thシングル。全編にわたって展開する重厚なサウンドに、“闇を知る者だけが”という歌い出しがシリアスな雰囲気を加速させる。逆境を味方につけて突き進む彼女たちならではの一曲。
08天手力男
シタールやタブラを多用した、およそアイドル・ソングとは思えぬトライバルなサウンドが魅力のNARASAKI作/編曲による一曲。日本神話に登場する“アメノタヂカラオ”をモチーフにした歌詞も独特だ。突き抜けるサビでの爽快感は格別。
09オレンジノート
“たった一度きりの 今日という魔法”……月並みともいえるフレーズだが、全力でその“魔法”を作り出す彼女たちが歌うとグッとくる。お約束のトリッキーな変化からのラップ、それぞれの声が重なるサビへと流れ込む終盤は秀逸。
10行くぜっ!怪盗少女
ライヴでの“エビ反りジャンプ”も含め、ももクロの代名詞といえるメジャー・デビュー・シングル。ハイスピードで突き進むビートに乗せて、メンバーそれぞれの個性をフルに活かしたヴォーカルが息つく間もなく交錯するキラー・チューンだ。
11スターダストセレナーデ
多幸感に満ちたサウンドと、とびきりポップなメロディがキュート。所属事務所でもある“スターダスト”を入れつつ、週末ヒロインらしく“週末も、ひとりじゃない(これからも!)”と歌う決意と夢に満ちた歌詞が胸に沁みる。
12コノウタ
“振り向けば仲間が支えてくれた”“コノウタ 君に届け”など、早見あかり脱退への思いも重なるようなポップ・チューン。短いメロディに多くの言葉を乗せる難易度の高いフレーズで聴ける“まだちょっとつたない”歌唱も、むしろいい舞台装置。
13ももクロのニッポン万歳!
アルバム『バトル アンド ロマンス』ボーナス・トラックとして収録された、前山田健一による強烈な一曲。日本中の名物をひたすら歌い上げるインパクトが先行するが、東日本大震災の被災地へ向けた感動的なメッセージも詰まっている。「ココ☆ナツ」ほか過去曲のフレーズも密かに登場。
[Disc 2]
01太陽とえくぼ (百田夏菜子)
百田夏菜子ソロ曲は、弾けるブラスが夏っぽさ満点の王道アイドル・ソング。“メールのレスが遅い”ことに不安を感じるリアルな恋模様を描いたキュートな歌詞もサウンドにピッタリだ。アルバム『バトル アンド ロマンス』収録。
02fall into me (早見あかり)
R・O・Nが作詞曲にアレンジまでを手がけた、クールなテイストのハード・ロック・チューン。ももクロでも多く聴けるクールなラップを中心に暗喩的な歌詞を歌い上げる、早見あかりのソロだ。アルバム『バトル アンド ロマンス』収録。
03…愛ですか? (玉井詩織)
玉井詩織ソロによる、心温まるミディアム・アップのラヴ・ソング。“みんなの妹”たる姿を見せつつ、どんどん好きになっていくあなたへの想いをまっすぐに伝える歌唱に思わずドキッとさせられる。アルバム『バトル アンド ロマンス』収録。
04だって あーりんなんだもーん☆ (佐々木彩夏)
“あーりん”こと佐々木彩夏のソロ曲。おなじみ前山田健一の手によるナンバーで、“佐々木プロ”とも称されるそのナチュラル・ボーン・アイドルっぷりを完璧に披露。自己紹介フレーズもしっかり取り入れたキラキラ・チューンだ。アルバム『バトル アンド ロマンス』収録。
05ありがとうのプレゼント (有安杏果)
有安杏果のソロ・ナンバー。“有安節”ともいえる独特の歌い回しを存分に堪能できるミディアム・バラードで、“負けだと認めないことが次へとつながる”の一節をはじめ、負けず嫌いの一面をうまく投影している。アルバム『バトル アンド ロマンス』収録。
06恋は暴れ鬼太鼓 (高城れに)
もはや意味不明なタイトルからもわかってしまう、高城れにのソロ曲。演歌/歌謡曲を軸にした純和風のアレンジをバックに、永遠に添い遂げる気丈な女心を歌い上げる。普段は隠れがちなピュアな歌声も魅力。アルバム『バトル アンド ロマンス』収録。
[1](13)ボーナストラック
タイアップ
  • 「Z伝説 終わりなき革命」 - セガ「ジョイポリス」TV-CMソング
  • 「ワニとシャンプー」 - 日本テレビ「ユルアニ?「だぶるじぇい」」エンディングテーマ
  • ももいろクローバーZ
    日本の女性アイドル・グループ。愛称は“ももクロ”。メンバーは百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、有安杏果、高城れにの5名。2008年5月に結成、2009年にシングル「ももいろパンチ」でデビュー。翌年のシングル「行くぜっ!怪盗少女」でメジャーへ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』50周年記念エディション[特集] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[後編]
[インタビュー] “ポスト何々”の次を求めて――tofubeatsが『FANTASY CLUB』で目指した新たなステージ[インタビュー] 経験と生き方を歌う。ただ、それだけ――MC KHAZZ『SNOWDOWN』
[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015