ブラバン!甲子園 U-18 イチカシ吹奏楽部

はてなブックマークに追加
ブラバン!甲子園 U-18 イチカシ吹奏楽部
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    BRASS BAND! KOUSHIEN U-18
  • 形態 / ジャンル:
    アルバム / クラシック 〜 吹奏楽国内楽団
  • レーベル:
    ユニバーサル
  • 規格品番:
    UICZ-4247
  • 価格:
    2,381 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ブラバン!甲子園 U-18 イチカシ吹奏楽部をAmazon.co.jpで購入するブラバン!甲子園 U-18 イチカシ吹奏楽部をHMV.co.jpで購入するブラバン!甲子園 U-18 イチカシ吹奏楽部を楽天ブックスで購入するブラバン!甲子園 U-18 イチカシ吹奏楽部を@TOWER.JPで購入する
    ブラバン!甲子園 U-18 イチカシ吹奏楽部を山野楽器で購入するブラバン!甲子園 U-18 イチカシ吹奏楽部をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
シリーズ第5弾にして初めて現役高校生たちによる録音が実現。名門・市立柏高校吹奏楽部による演奏で、掛け声や手拍子、メガホンを叩く音まですべて彼らによるもの。高校野球応援の定番曲から最新ヒット曲まで、約180人(!)の大編成の熱気に圧倒される。
高校野球・夏の甲子園大会で演奏される定番曲を集める『ブラバン!甲子園』の2011年版。定番の曲以外にも、映画『もしドラ』挿入曲の「程高応援ファンファーレ」なども収録。市立柏高校吹奏楽部の迫力ある演奏に注目だ。
トラックリスト
〈1回〉
01会いたかった
02じょいふる
〈2回〉
03サウスポー (フルサイズ)
〈3回〉
04ルパン3世のテーマ'78 (フルサイズ)
〈4回〉
05SHOW TIME
06海のトリトン
〈5回〉
07魔法使いサリー
08ボーン・トゥ・ラヴ・ユー
〈6回〉
09ワッショイ (天理高校)
10程高応援ファンファーレ (映画「もしドラ」)
11負けないで
〈7回表〉
12ウルトラセブンの歌
13狙いうち
14SKINHEAD RUNNIN'
〈7回裏〉
15ファンファーレ (天理高校)
16どか〜ん
17「カルピスソーダ学園」応援曲
〈8回表〉
18大進撃
19サスケ
20サウスポー
〈8回裏〉
21突撃のテーマ
22コールケイオー
23ダッシュケイオー
24ルパン三世のテーマ'78
25タッチ
〈9回表〉
26アフリカン・シンフォニー (唄入り)
27アルプス一万尺
28
〈9回裏〉
29ゴッドファーザー愛のテーマ
30前略、道の上より
31アフリカン・シンフォニー
〈試合終了〉
32サイレン
演奏
イチカシ吹奏楽部(柏市立柏高等学校吹奏楽部) 石田修一指揮
録音
2011.5
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015