葉月ゆら / clover

はてなブックマークに追加
葉月ゆら / clover
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    CLOVER
  • 形態 / ジャンル:
    アルバム / 国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    aspasia
  • 規格品番:
    ASPA-2
  • 価格:
    2,190 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    葉月ゆら / cloverをAmazon.co.jpで購入する葉月ゆら / cloverをHMV.co.jpで購入する葉月ゆら / cloverを楽天ブックスで購入する葉月ゆら / cloverを@TOWER.JPで購入する
    葉月ゆら / cloverを山野楽器で購入する葉月ゆら / cloverをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
『Honey Bee』と同時発売となったのが本作。ハード・ポップな表情から、アンニュイなポップス、異世界へ誘う桃源郷的なムード、テクノデリックなスタイルなどなど多彩な表情を持つ。いろんな声優シンガー系たちが醸しだす美味しい要素を凝縮している。
ネット・ミュージック界の癒しキャラ葉月ゆらの2ndアルバム。空耳フラッシュアニメなど多数のフラッシュ職人のアニメに使用されている“こねこシリーズ”が収録。萌え系歌姫の癒しと物思いに浸れる作品。
トラックリスト
01アルタイル
02輪舞
03ゆりかごの歌
04夏男
05乙女の嘆き
06「ワタシノヒミツ」
07恋のパレット
08clover
09アマリリス
10ベランダの薔薇
11こねこのぜんしん
12こねこのおやくそく
13こねこのはつこい
14Under The ROSE
15浸想
16輪廻 (アレンジver.)
17ふり〜だむ!
  • 葉月ゆら / Honey Bee
    ASPA-1   2,190円+税   2006/01/27 発売
    葉月ゆら / Honey Beeをamazon.co.jpで購入する葉月ゆら / Honey BeeをHMV.co.jpで購入する葉月ゆら / Honey Beeを楽天ブックスで購入する葉月ゆら / Honey BeeをTOWER RECORDS ONLINEで購入する葉月ゆら / Honey Beeを山野楽器で購入する葉月ゆら / Honey BeeをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    Webアニメやフラッシュで多くの作品が使用され、ネット・ミュージック・ファンの間では知る人ぞ知る彼女のファースト・アルバム。癒し系のヴォーカルで儚くそしてコミカルに萌えていて、1曲1曲のキャラが立って……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015