RADWIMPS / DADA

はてなブックマークに追加
RADWIMPS / DADA
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    DADA
  • 形態 / ジャンル:
    シングル / 国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ヴァージン
  • 規格品番:
    TOCT-40317
  • 価格:
    933 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    RADWIMPS / DADAをAmazon.co.jpで購入するRADWIMPS / DADAをHMV.co.jpで購入するRADWIMPS / DADAを楽天ブックスで購入するRADWIMPS / DADAを@TOWER.JPで購入する
    RADWIMPS / DADAを山野楽器で購入するRADWIMPS / DADAをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
2001年結成、メンバー全員が85年生まれの4人組バンドのシングル。攻撃的なリズムとギター・リフ、言葉がはじけ出す「DADA」からは、90年代ミクスチャーの音がする。彼らの演奏力の高さを保証するパワフルなナンバーだ。一方の「縷々」はしんみり聴かせるフォーク・ソング。★
全員85年生まれの4人組バンド、RADWIMPSの2011年1月発表のシングル。2枚同時リリースの「マニフェスト」「携帯電話」以来約7ヵ月ぶりとなるシングルで、心温まるヴォーカルとサウンドを堪能できる。
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    1位 (2011/1/10)  ⇒  6位 (1/17)  ⇒  11位 (1/24)  ⇒  17位 (2/7)
トラックリスト
01DADA
通算12枚目のシングル。この世への虚無感や混沌とした世界への苛立ちを“なぁなぁなぁなぁ……”という押し寄せるようなラップ風リリックで綴ったミクスチャー・ロックだ。甲高い金属的なギターのうねりや、重厚で刺激的な雰囲気のなかを空回りするようなドラムロールも印象的。
02縷々
微かにカントリーやフォークの要素も感じられるミディアム・スロー・ロック。ゆったりと流れるサウンドのなかで、宇宙や来世から思い出の場所まで知りたいことは尽きないという人々の探求心をストレートな感情で綴る。タイトルの「縷々」とは“こと細か”という意味。
  • RADWIMPS
    日本のロック・バンド。メンバーは野田洋次郎(vo,g,p)、桑原彰(g)、武田祐介(b)、山口智史(ds)の4名。愛称は“ラッド”。バンド名は“RAD”(=「すごい」の俗語)と”WIMP”(=「弱虫」)とを組み合わせた、“かっこいい弱虫”“……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015