タワーレコード
タワーレコード
 

RADWIMPS / DADA

RADWIMPS / DADA
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    DADA
  • 形態 / ジャンル:
    シングル / 国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ヴァージン
  • 規格品番:
    TOCT-40317
  • 価格:
    933 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    RADWIMPS / DADAをAmazon.co.jpで購入するRADWIMPS / DADAをHMV.co.jpで購入するRADWIMPS / DADAを楽天ブックスで購入するRADWIMPS / DADAを@TOWER.JPで購入する
    RADWIMPS / DADAを山野楽器で購入するRADWIMPS / DADAをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
 ☆どなたでもご覧になれる「お試し版」です☆
「イーディーピー」などの初期ラッドを想起させるメタリックなギターが印象的なミクスチャー・ロック・チューン。虚無感や漠然とした不安が渦巻く現代に疑問を呈する歌詞は、“現代のダダイズム”を意識したものか。これまでの詞は“君と僕”の恋愛感情が中心だったが、近作からより広い愛情や世の中へと視点がシフトしているように思う。しかしここでは、韻踏みまくり、文字量多めの言葉遊び的要素を取り入れることで、過剰な熱さを回避。中指立てながら笑ってる……そんな本気と冗談が交錯する身軽さが彼らの魅力であることを再認識した。
CDジャーナル 2011年01月号掲載 : 木村浩子)
記事の収録にあたりまして、一部使用できない記事、写真などは収録されていない場合がございますのでご了承下さい。
2001年結成、メンバー全員が85年生まれの4人組バンドのシングル。攻撃的なリズムとギター・リフ、言葉がはじけ出す「DADA」からは、90年代ミクスチャーの音がする。彼らの演奏力の高さを保証するパワフルなナンバーだ。一方の「縷々」はしんみり聴かせるフォーク・ソング。★
全員85年生まれの4人組バンド、RADWIMPSの2011年1月発表のシングル。2枚同時リリースの「マニフェスト」「携帯電話」以来約7ヵ月ぶりとなるシングルで、心温まるヴォーカルとサウンドを堪能できる。
トラックリスト
01DADA
通算12枚目のシングル。この世への虚無感や混沌とした世界への苛立ちを“なぁなぁなぁなぁ……”という押し寄せるようなラップ風リリックで綴ったミクスチャー・ロックだ。甲高い金属的なギターのうねりや、重厚で刺激的な雰囲気のなかを空回りするようなドラムロールも印象的。
02縷々
微かにカントリーやフォークの要素も感じられるミディアム・スロー・ロック。ゆったりと流れるサウンドのなかで、宇宙や来世から思い出の場所まで知りたいことは尽きないという人々の探求心をストレートな感情で綴る。タイトルの「縷々」とは“こと細か”という意味。
  • RADWIMPS
    2001年、野田洋次郎、桑原彰らで結成した日本のロック・バンド。愛称は“ラッド”。メロコア、ミクスチャーなどにとどまらない音楽的な幅広さが特色。バンド名は“RAD”(=「すごい」の俗語)と”WIMP”(=「弱虫」)とを組み合わせた造語で、“……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ガレージ〜サイケ感覚でカンボジア歌謡黄金時代を今に蘇らせるバンド、デング・フィーヴァー来日インタビュー[インタビュー] “釣り”をテーマにしたアイドル、つりビットが1stアルバム『フィッシングライフ』をリリース!
[インタビュー] 人間椅子『現世は夢』発売記念対談 和嶋慎治×みうらじゅん[インタビュー] ネクストレベルに向かう東京女子流のシングル「Say long goodbye / ヒマワリと星屑 -English Version-」が到着!
[インタビュー] 真心ブラザーズ、伊藤大地&岡部晴彦との“Low Down Roulettes”インタビュー[インタビュー] 【アヌーナ ANÚNA】 現在来日公演中! 結成20周年を迎えた彼らが初期のアルバムをあらためてリリースした真意を問う
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015