シカラムータ / ゴースト・サーカス

はてなブックマークに追加
シカラムータ / ゴースト・サーカス
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    GHOST CIRCUS
  • 形態 / ジャンル:
    アルバム / 日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    LITTLE MORE RECORDS / トラクターエンタテインメント
  • 規格品番:
    TLCA-1011
  • 価格:
    2,800 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    シカラムータ / ゴースト・サーカスをAmazon.co.jpで購入するシカラムータ / ゴースト・サーカスをHMV.co.jpで購入するシカラムータ / ゴースト・サーカスを楽天ブックスで購入するシカラムータ / ゴースト・サーカスを@TOWER.JPで購入する
    シカラムータ / ゴースト・サーカスを山野楽器で購入するシカラムータ / ゴースト・サーカスをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
大熊ワタルのクラリネットを中心にしたブラス・アンサンブルとチェロ、ヴァイオリン、ギター、ドラムが奏でる自由と祝祭のためのインスト・ミュージック。そんなシカラムータのサード・アルバム。闘争感を秘めつつも意外に清楚な演奏だがライヴでは大暴れの予感。
クラリネット奏者の大熊ワタルが94年に結成したユニットの3rdアルバム。管弦楽編成にチンドンを加えたアンサンブルで、哀愁やユーモアに満ちたメロディと変拍子のリズムを合体させている。
トラックリスト
01ゴーストヂンタ・序
02PILLOW WALK
03不屈の民
04STARA PLANINA
05眠り男の遁走
06カリガリ
07HERAKLION
08鳥の歌
09光線とフイゴ
10平和に生きる権利
11ゴーストレクイエム
  • シカラムータ
    クラリネット主体のリード奏者、大熊ワタル率いるユニット。大熊は1960年生まれで、80年前後から“ルナパーク・アンサンブル”などでポスト・パンク的な活動を始める。85年から始まったチンドン体験で独自の音楽性を形成。ソウル・フラワー・ユニオン……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015