a〜ha / ヘッドラインズ&デッドラインズ〜ザ・ヒッツ・オブ・a〜ha [SHM-CD]

はてなブックマークに追加
SHM-CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    HEADLINES AND DEADLINES THE HITS OF A-HA
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    ライノ
  • 規格品番:
    WPCR-26308
  • 価格:
    1,300 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    a〜ha / ヘッドラインズ&デッドラインズ〜ザ・ヒッツ・オブ・a〜ha [SHM-CD]をAmazon.co.jpで購入するa〜ha / ヘッドラインズ&デッドラインズ〜ザ・ヒッツ・オブ・a〜ha [SHM-CD]をHMV.co.jpで購入するa〜ha / ヘッドラインズ&デッドラインズ〜ザ・ヒッツ・オブ・a〜ha [SHM-CD]を楽天ブックスで購入するa〜ha / ヘッドラインズ&デッドラインズ〜ザ・ヒッツ・オブ・a〜ha [SHM-CD]を@TOWER.JPで購入する
    a〜ha / ヘッドラインズ&デッドラインズ〜ザ・ヒッツ・オブ・a〜ha [SHM-CD]を山野楽器で購入するa〜ha / ヘッドラインズ&デッドラインズ〜ザ・ヒッツ・オブ・a〜ha [SHM-CD]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ヨーロッパを中心に絶大な人気を誇ったa〜haのベスト・アルバム。80'sを代表する名曲「テイク・オン・ミー」をはじめ、彼らのポップでキラキラしたヒット曲がたっぷり楽しめる。
※ 曲目等の収録内容は変更になる場合があります。
トラックリスト
01TAKE ON ME
02CRY WOLF
03TOUCHY
04YOU ARE THE ONE
05MANHATTAN SKYLINE
06THE BLOOD THAT MOVES THE BODY
07EARLY MORNING
08HUNTING HIGH AND LOW
09MOVE TO MEMPHIS
10I'VE BEEN LOSING YOU
11THE LIVING DAYLIGHT
12CRYING IN THE RAIN
13I CALL YOUR NAME
14STAY ON THESE ROADS
15TRAIN OF THOUGHT
16THE SUN ALWAYS SHINES ON T.V.
仕様
SHM-CD
  • a-ha
    1982年に結成されたノルウェー出身のシンセ・ポップ・バンド。メンバーはヴォーカリストのモートン・ハルケットを中心とする3人組。85年のデビュー曲「テイク・オン・ミー」のアニメと実写を駆使したミュージック・ビデオが大量にオンエアされ、世界的……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015