パッヘルベルのカノン〜カラヤン超定番ベストPREMIUM カラヤン 他 [2CD] [UHQCD]

はてなブックマークに追加
パッヘルベルのカノン〜カラヤン超定番ベストPREMIUM カラヤン 他 [2CD] [UHQCD]
バロックのパッヘルベルから古典派、ロマン派の超有名曲をピック・アップした、カラヤン&クラシック入門盤としても楽しめる充実のベスト盤。録音も51歳の壮年期、1959年から最晩年の88年までを収録している。
トラックリスト
[Disc 1]
01カノンとジーグ ニ長調 (パッヘルベル/ザイフェルト編)
02交響曲第5番ハ短調op.67「運命」〜第1楽章 (ベートーヴェン)
03歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」〜間奏曲 (マスカーニ)
04交響曲第3番ヘ長調op.90〜第3楽章 (ブラームス)
05バレエ組曲「くるみ割り人形」op.71a〜花のワルツ (チャイコフスキー)
06劇音楽「アルルの女」〜ファランドール (ビゼー)
07交響詩「モルダウ」 (スメタナ)
08弦楽セレナード ハ長調op.48〜第1楽章 (チャイコフスキー)
09歌劇「イーゴリ公」〜だったん人の踊り (ボロディン)
10ヴァイオリン協奏曲集「四季」op.8-第1番ホ長調RV.269「春」〜第1楽章 (ヴィヴァルディ)
[Disc 2]
01交響詩「フィンランディア」op.26 (シベリウス)
02セレナード第13番ト長調K.525「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」〜第1楽章 (モーツァルト)
03ラデツキー行進曲op.228 (J.シュトラウス1世)
04歌劇「トゥーランドット」〜誰も寝てはならぬ (プッチーニ)
05管弦楽組曲第3番ニ長調BWV1068〜G線上のアリア (J.S.バッハ)
06劇音楽「ペール・ギュント」op.46〜朝 (グリーグ)
07ハンガリー舞曲第5番ト短調 (ブラームス)
08組曲「惑星」op.32〜木星-快楽をもたらすもの (ホルスト)
09交響曲第9番ホ短調op.95「新世界より」〜第4楽章 (ドヴォルザーク)
10交響曲第9番ニ短調op.125「合唱」〜第4楽章 おお友よ、このような音ではない (ベートーヴェン)
仕様
UHQCD
演奏
ヘルベルト・フォン・カラヤン [1] [2] (1)〜(3)(5)〜(8)(10)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 [2] (4)(9)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 [1] (10)ミシェル・シュヴァルベ(VN) [2] (4)プラシド・ドミンゴ(T) ウィーン国立歌劇場合唱団 [2] (10)ウィーン楽友協会合唱団 ジャネット・ペリー(S) アグネス・バルツァ(コントラルト) ヴィンソン・コール(T) ジョゼ・ヴァン・ダム(BR)
録音
59.9〜88.10
  • ヘルベルト・フォン・カラヤン
    指揮者。1908年オーストリア、ザルツブルク生まれ。89年没。26年ウィーン音楽アカデミーで指揮法を学ぶ。29年ザルツブルク・モーツァルテウム管を指揮してデビュー。35年ウルム市立歌劇場の音楽監督に就任。ナチス党員だったため、戦後指揮活動を……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015