Angkanang Kunchai with Ubon Pattana Band / Isan Lam Plearn

はてなブックマークに追加
Angkanang Kunchai with Ubon Pattana Band / Isan Lam Plearn
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    ISAN LAM PLEARN
  • ジャンル:
    ワールド・ミュージック
  • レーベル:
    エム・レコード
  • 規格品番:
    EM-1126CD
  • 価格:
    2,500 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Angkanang Kunchai with Ubon Pattana Band / Isan Lam PlearnをAmazon.co.jpで購入するAngkanang Kunchai with Ubon Pattana Band / Isan Lam PlearnをHMV.co.jpで購入するAngkanang Kunchai with Ubon Pattana Band / Isan Lam Plearnを楽天ブックスで購入するAngkanang Kunchai with Ubon Pattana Band / Isan Lam Plearnを@TOWER.JPで購入する
    Angkanang Kunchai with Ubon Pattana Band / Isan Lam Plearnを山野楽器で購入するAngkanang Kunchai with Ubon Pattana Band / Isan Lam PlearnをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
タイ語特有の抑揚を反映した伝統楽器モーラムが、天才少女歌手アンカナーンの登場を得て、大衆音楽ルークトゥンと過激に合体したタイ歌謡史上に残る名盤の復刻。可憐さにほのかなお色気がのぞく歌声に、伝統調から東南アジア独自のGS調までを横断する演奏と、聴きどころが尽きない。★
トラックリスト
01Isan Lam Plearn
02Lam Plearn Koi Aai
03Lam Plearn Pattana
04Lam Sarawan
05Lam Plearn Saan Rak Jak Lao Thong
06Lam Plearn Kiew Hak
07Lam Plearn Salap Kon Sawan
08Lam Sao Putai Rampan
09Lam Yaaw Aalai La
10Isan Lam Plearn (Kongpetch Kaennakorn)
(10)ボーナストラック
封入特典
  • 日本語・英語両解説
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015