大村憲司 / ケンポン・バンド〜ベスト・ライヴ・トラック6 [2CD]

はてなブックマークに追加
大村憲司 / ケンポン・バンド〜ベスト・ライヴ・トラック6 [2CD]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    KENPON BAND - BEST LIVE TRACKS 6
  • 形態 / ジャンル:
    アルバム / 国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    STEPS RECORDS
  • 規格品番:
    STPR-004
  • 価格:
    4,400 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    大村憲司 / ケンポン・バンド〜ベスト・ライヴ・トラック6 [2CD]をAmazon.co.jpで購入する大村憲司 / ケンポン・バンド〜ベスト・ライヴ・トラック6 [2CD]をHMV.co.jpで購入する大村憲司 / ケンポン・バンド〜ベスト・ライヴ・トラック6 [2CD]を楽天ブックスで購入する大村憲司 / ケンポン・バンド〜ベスト・ライヴ・トラック6 [2CD]を@TOWER.JPで購入する
    大村憲司 / ケンポン・バンド〜ベスト・ライヴ・トラック6 [2CD]を山野楽器で購入する大村憲司 / ケンポン・バンド〜ベスト・ライヴ・トラック6 [2CD]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
大村憲司が残した未発表ライヴ・テイクで綴る2枚組。ケンポンとは大村憲司、村上“PONTA”秀一の2人を中心にしたユニット。第6弾は佐藤 博、高水健司らとの98年3月のライヴ・テイクを集めたもの。憲司自身はもちろんのこと、佐藤 博がブルージィなイイ味を。★
トラックリスト
[Disc 1]
01マーシー・マーシー・マーシー
02アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
03エヴリデイ・アイ・ハヴ・ザ・ブルース
04ジョージア・オン・マイ・マインド
05ハウンド・ドッグ
06アイ・エイント・ガット・ナッシング・バット・ザ・ブルース
07ノッキン・オン・ヘヴンズ・ドア
08ディア・ミスター・ファンタジー
09ベター・メイク・イット・スルー・トゥデイ
[Disc 2]
01グリーディ・ウーマン
02涙の乗車券
03エイント・ノウバディズ・ビジネス
04ゲット・バック
05オネスト・アイ・ドゥ
06ランブリン・オン・マイ・マインド
07リーヴィング・ホーム
録音
98.3
封入特典
  • 解説・歌詞
  • 大村憲司
    1949年5月5日生まれ、兵庫県神戸市出身のギタリスト/作曲家/アレンジャー。69年にコンテストのロック部門で優勝。渡米を経て、“赤い鳥”に参加するも73年に脱退。その後、エントランス、バンブー、カミーノとバンドを結成。80年にはYMOのツ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015