ライヴ・イン・横浜2013 エコール・マルセイエーズ・トリオ

はてなブックマークに追加
ライヴ・イン・横浜2013 エコール・マルセイエーズ・トリオ
CD
ジャン=ピエール・ランパルの父君は、花の都パリに背を向けて港町マルセイユを生涯離れることはなかった。そのフルート道は“マルセイユ楽派”と呼ばれ、それが本アルバムでのグループ名にもなっている。ランパルが自らの後継者と目していた達人たちの名演は、軽やかで洒脱なフランス音楽の王道を示すもの。
トラックリスト
013本のフルートのためのトリオ第5番ト短調op.19 (ドゥヴィエンヌ)
023本のフルートのためのトリオ ト長調 (ベートーヴェン)
032本のフルートと通奏低音のためのソナタ ハ長調 (J.C.F.バッハ)
04リゴレット幻想曲op.38 (2本のフルートのための) (フランツ&カール・ドップラー)
05「ターフェルムジーク第2集」〜第2番四重奏曲ニ短調 (テレマン)
062本のフルートのための魔笛1792年版〜No.17「恋人か女房があればいいが」 (モーツァルト)
07スケルツィーノop.55第6番 (アンデルセン)
08チャルダッシュ (ドップラー)
演奏
エコール・マルセイエーズ・トリオ(クラウディ・アリマニー,工藤重典,吉田杏奈(FL)) (3)〜(5)(7)(8)大背戸亜紀子(P)
録音
2013.7
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015