ライヴ・イン・横浜2013 エコール・マルセイエーズ・トリオ

はてなブックマークに追加
ライヴ・イン・横浜2013 エコール・マルセイエーズ・トリオ
CD
ジャン=ピエール・ランパルの父君は、花の都パリに背を向けて港町マルセイユを生涯離れることはなかった。そのフルート道は“マルセイユ楽派”と呼ばれ、それが本アルバムでのグループ名にもなっている。ランパルが自らの後継者と目していた達人たちの名演は、軽やかで洒脱なフランス音楽の王道を示すもの。
トラックリスト
013本のフルートのためのトリオ第5番ト短調op.19 (ドゥヴィエンヌ)
023本のフルートのためのトリオ ト長調 (ベートーヴェン)
032本のフルートと通奏低音のためのソナタ ハ長調 (J.C.F.バッハ)
04リゴレット幻想曲op.38 (2本のフルートのための) (フランツ&カール・ドップラー)
05「ターフェルムジーク第2集」〜第2番四重奏曲ニ短調 (テレマン)
062本のフルートのための魔笛1792年版〜No.17「恋人か女房があればいいが」 (モーツァルト)
07スケルツィーノop.55第6番 (アンデルセン)
08チャルダッシュ (ドップラー)
演奏
エコール・マルセイエーズ・トリオ(クラウディ・アリマニー,工藤重典,吉田杏奈(FL)) (3)〜(5)(7)(8)大背戸亜紀子(P)
録音
2013.7
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015