MISIA / LUV PARADE / Color of Life [紙ジャケット仕様] [廃盤]

はてなブックマークに追加
MISIA / LUV PARADE / Color of Life [紙ジャケット仕様] [廃盤]
CD
紙ジャケット仕様
  • アーティスト:
  • 原題:
    LUV PARADE|COLOR OF LIFE
  • 形態 / ジャンル:
    シングル / 国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    Rhythmedia Tribe
  • 規格品番:
    RXCM-21078
  • 価格:
    1,238 円+税
  • 発売日:
  • この規格品番の作品は廃盤(販売終了)となっています。一部作品は他の規格品番で再発されている場合もございます。
管弦の鳴るスケール大きな(1)、クラブ・ジャズ風テイストの(2)、レゲエのリズム軽やかな明るい(3)に、敏腕リミキサーが腕振るったクラブ版(4)。もはや多くの人々の耳に馴染んでいるだろう、CMで流れている曲たちがパッケージされた、ディーヴァの今夏のカラフルなシングル。
2006年7月リリースのシングル。収録曲すべてがCMタイアップ・ソングなので、聴いたことのあるナンバーが多いのが特徴。趣の異なる4つの楽曲で、彼女の研ぎ澄まされた至高の歌声を堪能できる。
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    10位 (2006/7/3)
トラックリスト
01LUV PARADE
「Smile!」の掛け声からスタートする、リズミカルなファンキー・チューン。ホーン・セクションをフィーチャーした飛び跳ねるようなグルーヴが、今にも踊り出しそうな人たちの笑顔があふれるパレードの様子を思わせる。
02Color of Life
ピアノやフルートが軽やかに弾けるダンサブルなハウス・ナンバー。フランス語のポエトリー・リーディングを採り入れた独特の空気感を持つブリッジが曲調に変化を持たせ、優しさを醸し出す。さまざまな音色が色とりどりの人生=“Color of Life”を表現しているよう。
03太陽がくれたプレゼント
今、ここに暮らしている幸せをかみしめるキャッチーなナンバー。当たり前のことと思いがちな太陽の下で生きることや明日への感謝の気持ちを、伸びやかで優しいヴォーカルが教えてくれる。松嶋菜々子出演の住友生命「LIVE ONE」CMソング。
04SHININ'〜虹色のリズム〜 (Club Love NY Vocal Radio Mix:Joaquin“Joe”Claussell)
南国を思わせるパーカッションが心地よくリズムを刻むなか、どこまでも伸びるMISIAの歌声が心地よく響くダンサブルなナンバー。中盤のストリングス・サウンド以外はほぼ歌声のみで構成されたリミックスで、あらためてそのメロディ・ラインの美しさと力強さに圧倒される。
仕様
特殊紙パッケージ仕様
タイアップ
  • 「Color of Life」 - TOYOTA「WiSH」
  • 「LUV PARADE」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「LUV PARADE」 - dwango「いろメロミックスDX」TV-CMソング
  • 「LUV PARADE」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
  • 「SHININ’〜虹色のリズム〜」 - 花王「ビオレ 洗顔フォーム」
  • 「太陽がくれたプレゼント」 - 住友生命「LIVE ONE」TV-CM曲
  • MISIA
    1978年7月7日、長崎県生まれの日本の女性シンガー・ソングライター。98年に「つつみ込むように…」でデビュー以来、5オクターブの音域を誇る圧倒的な歌唱力で幅広いファンを獲得。日本の“R&Bディーヴァ”ブームを牽引。その後、「Everyth……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015