赤松敏弘 / マジェスティック・カラーズ

はてなブックマークに追加
赤松敏弘 / マジェスティック・カラーズ
CD
  • 原題:
    MAJESTIC COLORS
  • 形態 / ジャンル:
    アルバム / ジャズ
  • レーベル:
    ベガ・ミュージックエンタテインメント
  • 規格品番:
    VGDBRZ-0057
  • 価格:
    3,000 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    赤松敏弘 / マジェスティック・カラーズをAmazon.co.jpで購入する赤松敏弘 / マジェスティック・カラーズをHMV.co.jpで購入する赤松敏弘 / マジェスティック・カラーズを楽天ブックスで購入する赤松敏弘 / マジェスティック・カラーズを@TOWER.JPで購入する
    赤松敏弘 / マジェスティック・カラーズを山野楽器で購入する赤松敏弘 / マジェスティック・カラーズをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
日本を代表するジャズ・ヴィブラフォン奏者の14作目。ジャズ・シーンで注目を集める市原ひかり(tp)、ハクエイ・キム(p)の二人を迎え、白熱のインタープレイを繰り広げる。ヴィブラフォンの包み込むような優しい音色とモダン・ジャズ・マナーを踏まえた作曲で、円熟したプレイを聴かせる。
トラックリスト
01THE EMPTY CHAIR 1977
02A RIPPLE
03E.S.P
04YUP OR NOPE
05STELLA BY STARLIGHT
06THE GLEANER
07BLOW IN
08WHITE FOREST
09REVOKEMENT
10(EPILOGUE - 1) BROWN EYES
11(EPILOGUE - 2) SELECTION
演奏
赤松敏弘(VIB) ハクエイ・キム(P) 市原ひかり(TP,FLH) 澤田将弘,生沼邦夫(B) 小山太郎(DS)
録音
2014.8
封入特典
  • ライナーノーツ
  • 小山太郎
    栃木県佐野市生まれ。ジャズ・ドラマー。84年、高校卒業と同時に上京。西直樹(p)トリオ、河上修(b)トリオに参加しデビュー。その後。峰厚介や国府弘子、渡辺貞夫らのグループに抜擢され、80年代以降は日本有数のジャズ・ドラマーとして活躍。99年……
  • ハクエイ・キム
    ジャズ・ピアニスト。日本人と韓国人のクォーターとして京都市に生まれる。5歳の頃からピアノを始め、高校時代にはロックに傾倒。その後オーストラリア・シドニー大学音楽院に学び、当地の名ジャズ・ピアニスト、マイク・ノックに師事し多大な影響を受けた。……
  • 市原ひかり
    1982年生まれのジャズ・トランペッター。中学入学と同時にトランペットを始める。その後進学した洗足学園音楽大学でジャズを学び、原朋直(tp)に師事。2004年に山野ビッグバンドコンテストで優秀ソリスト賞を受賞。翌年、アルバム『一番の幸せ』で……
  • 赤松敏弘
    1957年1月4日、愛媛県松山市生まれ。ヴィブラフォン奏者。89年、バ−クリ−音楽大学ヴァイブ専攻ジャズ・コンポジション科卒。高校時代からジャズを始め、大学在学中からライヴ・ハウスやTVなどに出演。90年には自己のグループ、A-Projec……
  • 生沼邦夫
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015