マイケル・ジャクソン / MICHAEL

はてなブックマークに追加
マイケル・ジャクソン / MICHAEL
CD
マイケルが生前レコーディングしていた未発表新曲ばかり10曲をまとめた9年ぶりのアルバム。エイコンや50セントとのデュエット曲や、レニー・クラヴィッツが作曲プロデュースを手掛け、デイヴ・グロールがドラムで参加した話題曲など、マイケルの遺志を継いで仕上げた各楽曲の高い完成度はさすが。
厳選した少数のコラボレーション相手とともに、ニュージャージーの友人宅、ラスヴェガスのスタジオなど、各地で継続的に作曲活動とレコーディングを行なっていたマイケル・ジャクソンの音源をまとめたアルバム。エイコン、50セントらを迎えた楽曲も収録。
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2010/12/13)  ⇒  3位 (12/20)  ⇒  2位 (12/27)  ⇒  2位 (2011/1/3)  ⇒  11位 (1/10)  ⇒  25位 (1/17)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2010/12/13)  ⇒  2位 (12/20)  ⇒  4位 (12/27)  ⇒  5位 (2011/1/3)  ⇒  14位 (1/10)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2010/12/13)  ⇒  2位 (12/20)  ⇒  1位 (12/27)  ⇒  2位 (2011/1/3)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    4位 (2010/12/13)  ⇒  5位 (12/20)  ⇒  4位 (12/27)  ⇒  10位 (2011/1/3)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2010/12/13)  ⇒  3位 (12/20)  ⇒  1位 (12/27)  ⇒  5位 (2011/1/3)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2010/12/13)  ⇒  4位 (12/20)  ⇒  4位 (12/27)  ⇒  8位 (2011/1/3)
トラックリスト
01HOLD MY HAND
『MICHAEL』からの1stシングルに選ばれたエイコンとの共演作。元来2008年発表予定だったが、未完成版がネット上にリークされ正式発表が中断となっていた。エイコン独特のアーシーな感性が降り注がれたホープフルなミディアム・チューンだ。
02HOLLYWOOD TONIGHT
スリリングでドラマティックな映画音楽を想わせるエキサイティングなナンバー。テディ・ライリーとセロン“ネフU”フィームスターが制作参加。NJS的グルーヴと直線的なビートで、ショウビズの闇を歌う。ブリッジの冷淡なナレーションは甥のタリル・ジャクソン。
03KEEP YOUR HEAD UP
トリッキー・ステュワートとアンジェリクソンとの共作によるファンタジックなメロウ・チューン。どん底の時に“さあ、顔を上げて”と励ましてくれるメッセージ・ソングだ。多幸感あふれるバック・コーラスとともに上昇するクライマックスは絶品。
04(I LIKE) THE WAY YOU LOVE ME
2004年発表の『アルティメット・コレクション』に収録のデモを練り上げた、こぼれ落ちるような美しいメロディが白眉のミッド。微笑ましい至福の愛の歌で、マイケルのピュアな気持ちが存分に感じ取れる。セロン“ネフU”フィームスターとの共作。
05MONSTER
2010年版「スリラー」といえるテディ・ライリーとアンジェリクソンとの共作。スターの座と引き替えに失うハリウッドの恐怖がテーマのエンタテインメントな曲だ。重々しくグルーヴィなビートとコーラスの抜けの良さが快感。野放図な50セントのラップも効果的。
06BEST OF JOY
2009年O2アリーナ公演のため滞在したロンドンで仕上げようと計画された曲。非常に美しい声で優しく寄り添うように歌う。“僕たちは永遠”と語るマイケルは、ピュアな心そのものだ。セロン“ネフU”フィームスターとブラッド・ブクサーとの共同制作。
07BREAKING NEWS
マイケルの日常を伝えるメディアをユニークに描いた、ニュージャージーの自宅録音の2007年作。NJS風のシンセとシリアスなムードのストリングスが映えるセンセーショナルなダンサーだ。プロデュースはテディー・ライリーとアンジェリクソンとの共作。
08(I CAN'T MAKE IT) ANOTHER DAY
『インヴィンシブル』期にデモ録音したレニー・クラヴィッツとのコラボ。レニー風サウンドにマイケルのシャウトが飛び交うロックだが、2008年に流出騒ぎへ発展。君がいないと生きていられないという愛の歌だ。ドラムにフー・ファイターズのデイヴ・グロールが参加。
09BEHIND THE MASK
YMO『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』収録曲のMJ版で、ジョン・マクレーンとの制作。当初は『スリラー』収録予定だった。レトロフューチャーなシンセ・コードのリフレインが漂流感を与える宇宙的ロックで、YMO演奏音源も使用。シャニースがコーラス参加。
10MUCH TOO SOON
『スリラー』期に書かれた美しいメロディ・ラインが白眉のシンプルなバラード。“早く大人になりすぎたのかも”という哀切な歌唱が、普通の環境で育ってこなかった寂しさを物語るようだ。少年時代の憧憬を懐かしむようなトミー・モーガンのハーモニカも適役。
封入特典
  • 歌詞・対訳・解説
  • マイケル・ジャクソン
    1958年8月29日、米インディアナ州ゲイリー生まれの歌手。66年、兄弟とともにジャクソン・ファイヴを結成、「帰ってほしいの」など次々にヒットを飛ばして70年代初めの音楽シーンを彩る。82年に発表した『スリラー』はMTV時代を象徴する凝った……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015