banner image

佐村河内守:交響曲第1番「HIROSHIMA」 大友直人 / 東京so. [廃盤]

佐村河内守:交響曲第1番「HIROSHIMA」 大友直人 / 東京so. [廃盤]
CD
  • 原題:
    M.SAMURAGOCHI: SYMPHONY NO.1 "HIROSHIMA"
  • 形態 / ジャンル:
    アルバム / クラシック 〜 コンテンポラリー(国内)
  • レーベル:
    コロムビア
  • 規格品番:
    COCQ-84901
  • 価格:
    2,800 円+税
  • 発売日:
  • この規格品番の作品は廃盤(販売終了)となっています。一部作品は他の規格品番で再発されている場合もございます。
佐村河内守:交響曲第1番「HIROSHIMA」 大友直人 / 東京so. [廃盤]
佐村河内(さむらごうち)守は、広島の被爆2世であり、交響曲第1番は20年余をかけて、全聾となり頭痛症の発作と闘いながら完成させた。曲は後期ロマン派そのもので、80分を超える長大な曲だが、曲の展開、つまり物語の展開がわかりやすいので一気に聴けてしまう。大友指揮する東響の熱演も大きい。
全聾の作曲家、佐村河内守(さむらごうち・まもる)が20年余をかけて完成させた作品。盲児の施設での少女との出会いがきっかけとなって作曲されたもので、自伝的な意味合いを持つ魂のシンフォニーだ。
トラックリスト
●佐村河内守:
01交響曲第1番「HIROSHIMA」
演奏
大友直人指揮 東京交響楽団
録音
2011.4
  • 佐村河内守
    1963年9月21日、広島生まれ。4歳からピアノの英才教育を受け、10歳でベートーヴェンやバッハを弾きこなす。作曲家を志望し、独学で音楽理論を学ぶが、17歳で聴覚障害が発症。聴力低下に悩みながら、映画やゲーム音楽を制作。99年にゲーム『鬼武……
  • 大友直人
    1958年、東京生まれの指揮者。桐朋学園大学卒業。22歳でNHK交響楽団を指揮してデビューして以来、国内のオーケストラにとどまらず、コロラド交響楽団、ロイヤル・ストックホルム・フィルなどへも客演。これまでに日本フィルの正指揮者、大阪フィルの……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 本田珠也さん、パンクはお好きですか?――はい、大好きです![インタビュー] そんなもん信じてやるか!――北村早樹子、ニュー・シングル「卵のエチュード / マイハッピーお葬式をリリース」
[インタビュー] 次代に歌い継ぐべき不朽の名曲たち――畠山美由紀、昭和の演歌・歌謡曲を歌う。[インタビュー] ロックンロールの旨味成分が凝縮されたSCOOBIE DOの新作『結晶』が完成!
[インタビュー] 命の価値が、薄く見えることがあるから――SWARRRM、7年ぶりのニュー・アルバム『FLOWER』をリリース[インタビュー] 念願の中野サンプラザ公演も決定! V字回復アイドル、THE ポッシボーを直撃!
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015