アニマル・コレクティヴ / ペインティング・ウィズ [紙ジャケット仕様]

はてなブックマークに追加
アニマル・コレクティヴ / ペインティング・ウィズ [紙ジャケット仕様]
CD
紙ジャケット仕様
作品ごとに参加メンバーが異なる、アメリカの不定形ユニットの11枚目。そのサウンドはひとつの型にはまらないユニークなもので、童謡的フォーク・ロック〜ミニマルなエレクトロニカ、ビーチ・ボーイズ風コーラスをミックスしたような実験的インディ・ロック。欧米での高評価も当然の斬新な音世界が楽しめる。
3年半ぶり、通算11枚目のオリジナル・アルバム。本作ではマルチ・リード奏者のコリン・スティットソンやジョン・ケイルをゲストに迎え、サックスや金管楽器を取り入れるなど、構成的にも音響的にもいつもと毛色の違った作風になっている。
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    39位 (2016/2/15)  ⇒  27位 (2/22)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    6位 (2016/2/15)  ⇒  5位 (2/22)  ⇒  6位 (2/29)
トラックリスト
01FLORIDADA
02HOCUS POCUS
03VERTICAL
04LYING IN THE GRASS
05THE BURGLARS
06NATURAL SELECTION
07BAGELS IN KIEV
08ON DELAY
09SPILLING GUTS
10SUMMING THE WRETCH
11GOLDEN GAL
12RECYCLING
13MICHAEL REMEMBER
(13)ボーナストラック
仕様
紙ジャケット仕様
封入特典
  • 歌詞・対訳
  • アニマル・コレクティヴ
    1990年代半ばより活動を開始した米バンド。ボルチモアの友人同士のエイヴィー・テア(g,vo)とパンダ・ベア(ds)を中心に結成し、その後にジオロジスト(sampler)、ディーケン(g)を加えた4人編成に。2003年にアニマル・コレクティ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS
[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸
[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015