ラスマス・フェイバー・プレゼンツ プラチナ・ジャズ〜アニメ・スタンダード Vol.1〜

はてなブックマークに追加
ラスマス・フェイバー・プレゼンツ プラチナ・ジャズ〜アニメ・スタンダード Vol.1〜
CD
  • 原題:
    RASMUS FABER PRESENTS PLATINA JAZZ - ANIME STANDARD VOL.1 -
  • 形態 / ジャンル:
    アルバム / ジャズ
  • レーベル:
    ビクター
  • 規格品番:
    VICP-64778
  • 価格:
    2,381 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ラスマス・フェイバー・プレゼンツ プラチナ・ジャズ〜アニメ・スタンダード Vol.1〜をAmazon.co.jpで購入するラスマス・フェイバー・プレゼンツ プラチナ・ジャズ〜アニメ・スタンダード Vol.1〜をHMV.co.jpで購入するラスマス・フェイバー・プレゼンツ プラチナ・ジャズ〜アニメ・スタンダード Vol.1〜を楽天ブックスで購入するラスマス・フェイバー・プレゼンツ プラチナ・ジャズ〜アニメ・スタンダード Vol.1〜を@TOWER.JPで購入する
    ラスマス・フェイバー・プレゼンツ プラチナ・ジャズ〜アニメ・スタンダード Vol.1〜を山野楽器で購入するラスマス・フェイバー・プレゼンツ プラチナ・ジャズ〜アニメ・スタンダード Vol.1〜をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
スウェーデンのハウス・クリエイター、ラスマス・フェイバーが自らのルーツである日本のアニソンをジャズ・アレンジで……って意味わからん! が、いざ聴いてみるとそこには、気の利いたアレンジで原曲の臭みをうまく処理した、透明感あふれる北欧ジャズが。
スウェーデンのプロデューサー、ラスマス・フェイバーが日本のアニメ・ソングの名曲をヨーロピアン・ジャズ・アレンジで再構築したアルバム。彼のアニメへのリスペクトぶりが伝わってくる一枚だ。
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    19位 (2010/3/15)  ⇒  20位 (3/22)
トラックリスト
01HARE HARE YUKAI
02HAPPY MATERIAL
03GENESIS OF AQUARION
04SEIKAN HIKOU
05MIZU NO AKASHI
06COSMOS NI KIMITO
07CARRYING YOU
08SORA NO MUKOU
09TOKI NO KIOKU
10THANATOS - IF I CAN'T BE YOURS -
11「王立宇宙軍 オネアミスの翼」〜オネアミスの翼 (メイン・テーマ)
12CHILDREN OF THE LIGHT
13RINGO NO MORI NO KONEKO TACHI
14FIRE TREASURE
15GAANETTO
16DOLL
17SORAE...
18VOICES
仕様
初回のみスリーヴケース付き
封入特典
  • 解説・歌詞
  • ラスマス・フェイバー
    スウェーデン生まれ。“ハウス・シーンの貴公子”の異名をとるDJ/プロデューサー。本国でポップスやジャズ・アーティストのプロデュースを行ない、プロの音楽家として活動をしていたが、2001年頃よりハウス・ミュージックを作り始める。2002年にデ……
  • グンナール・ベリィステーン
    1945年スウェーデンのウエスト・コースト生まれ。ジャズ・バリトン・サックス奏者。ソロ・サックス奏者としては、初めてストックホルムのロイヤル・アカデミー音楽学校に入学を許可された経歴の持ち主。卒業後本格的にプロ活動を開始。長年の地道な活動を……
  • エミリー・マクエワン
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015