スティーヴィー・ワンダー / キー・オブ・ライフ [SA-CD] [SHM-CD] [限定]

はてなブックマークに追加
スティーヴィー・ワンダー / キー・オブ・ライフ [SA-CD] [SHM-CD] [限定]
SA-CD
限定
70年代のミュージック・シーンを代表する大名盤。14週連続全米1位を獲得し、1976年のグラミー賞を総なめにした作品で、デューク・エリントンに捧げた「愛するデューク」や長女への愛しい気持ちを歌った「可愛いアイシャ」などを収録。
トラックリスト
01LOVE'S IN NEED OF LOVE TODAY
02HAVE A TALK WITH GOD
03VILLAGE GHETTO LAND
04CONTUSION
05SIR DUKE
06I WISH
07KNOCKS ME OFF MY FEET
08PASTIME PARADISE
09SUMMER SOFT
10ORDINARY PAIN
11ISN'T SHE LOVELY
12JOY INSIDE MY TEARS
13BLACK MAN
14NGICULELA-ES UNA HISTORLA - I AM SINGING
15IF IT'S MAGIC
16AS
17ANOTHER STAR
18SATURN
19EBONY EYES
20ALL DAY SUCKER
21EASY GOIN' EVENING (MY MAMA'S CALL)
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
  • スティーヴィー・ワンダー
    1950年米国ミシガン生まれ。12歳でデビューし、盲目の天才少年シンガーとして脚光を浴びる。71年にはすべての作業を自らの管理下において制作した『青春の軌跡』を発表し、モータウン・サウンドから脱却。その後も従来のソウルにとらわれない斬新なサ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015