夏の列島 The Summer Islands 松田弦、新井伴典(G)

はてなブックマークに追加
夏の列島 The Summer Islands 松田弦、新井伴典(G)
CD
  • 原題:
    THE SUMMER ISLANDS
  • ジャンル:
    クラシック 〜 インスト・クロスオーヴァー
  • レーベル:
    Wood note studio
  • 規格品番:
    WNCD-1004
  • 価格:
    2,500 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    夏の列島 The Summer Islands 松田弦、新井伴典(G)をAmazon.co.jpで購入する夏の列島 The Summer Islands 松田弦、新井伴典(G)をHMV.co.jpで購入する夏の列島 The Summer Islands 松田弦、新井伴典(G)を楽天ブックスで購入する夏の列島 The Summer Islands 松田弦、新井伴典(G)を@TOWER.JPで購入する
    夏の列島 The Summer Islands 松田弦、新井伴典(G)を山野楽器で購入する夏の列島 The Summer Islands 松田弦、新井伴典(G)をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
アサド兄弟の名作「夏の庭」からの抜粋に始まる初のデュオ・アルバム。テーマは“夏”。高いテクニックに支えられたアグレッシヴなアンサンブルが爽快だ。中盤以降の新井によるアレンジも力作ぞろい。演奏効果抜群の「島唄」、自由なリアレンジを施した武満作品など、聴きどころ多い一枚。★
日本ギター界の中枢を支える新井伴典と新進気鋭のギタリスト、松田弦とのデュオによる魅力的なアルバム。S.アサドの組曲「夏の庭」や武満徹「翼」ほか、夏をテーマにしたさまざまな楽曲が二人の息の合った演奏で聴ける。
トラックリスト
01組曲「夏の庭」〜オープニング (S.アサド)
02組曲「夏の庭」〜夏の庭 (S.アサド)
03組曲「夏の庭」〜ワルツ風に (S.アサド/新井伴典編)
04組曲「夏の庭」〜スイカ (S.アサド)
05組曲「夏の庭」〜さようなら (S.アサド)
06家族 (佐藤直紀/新井伴典編)
07組曲「夏の庭」〜友だち (S.アサド)
08ふるさと (岡野貞一/佐々木忠編)〜童神 (佐原一哉/新井伴典編)〜フィナーレ
09ヒロシマという名の少年 (武満徹)
10翼 (武満徹/新井伴典編)
11翼をください (村井邦彦/新井伴典編)
12Summer (久石譲/新井伴典編)
13夏の花 (不良少年) (武満徹/新井伴典編)
14島唄 (宮沢和史/新井伴典編)
15島へ (武満徹/新井伴典編)
16組曲「夏の庭」〜招待 (S.アサド)
演奏
松田弦,新井伴典(G)
録音
2010.10
  • 1982年7月16日生まれ。高知出身の男性クラシック・ギタリスト。高知県立岡豊高等学校音楽コースギター専攻科、早稲田大学教育学部を卒業。2009年、第52回東京国際ギターコンクール第1位、第9回アジア国際ギターコンクール第1位をはじめ、20……
  • 新井伴典
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015