SING LIKE TALKING / togetherness

はてなブックマークに追加
SING LIKE TALKING / togetherness
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    TOGETHERNESS
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ファンハウス
  • 規格品番:
    FHCF-2155
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    SING LIKE TALKING / togethernessをAmazon.co.jpで購入するSING LIKE TALKING / togethernessをHMV.co.jpで購入するSING LIKE TALKING / togethernessを楽天ブックスで購入するSING LIKE TALKING / togethernessを@TOWER.JPで購入する
    SING LIKE TALKING / togethernessを山野楽器で購入するSING LIKE TALKING / togethernessをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
前作『エンカウンター』から1年2ヵ月ぶり、通算7枚目のオリジナル・アルバム。相変わらず、よく歌えているし、ノリの良さもますますサエている。歌詞が結構、歌謡曲っぽいんだけど、それがキッチリLA〜東京ポップスになっているところが面白い。
トラックリスト
01Together
02Joy
03風に抱かれて
04My Eye's On You
05Between Us
06幻に恋する日々
07Night Rhythm
08Will
09Your Love
10Standing
11点 (とも)し火のように
  • SING LIKE TALKING
    日本のロック・バンド。メンバーは佐藤竹善(vo&key&g)、藤田千章(key&syn)、西村智彦(g)の3名。86年の“サウンド・コンテスト”でグランプリを獲得したことをきっかけに、88年9月、シングル「Dancin' With Your……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015