チャーリー・ヘイデン&ゴンサロ・ルバルカバ / トーキョー・アダージョ〜ライヴ・アット・ブルーノート東京 [SHM-CD]

MyCDJ お気に入りリストに「チャーリー・ヘイデン&ゴンサロ・ルバルカバ / トーキョー・アダージョ〜ライヴ・アット・ブルーノート東京 [SHM-CD] - CDJournal.com」を追加/削除するはてなブックマークに追加
チャーリー・ヘイデン&ゴンサロ・ルバルカバ / トーキョー・アダージョ〜ライヴ・アット・ブルーノート東京 [SHM-CD]
SHM-CD
本作品は2014年に逝去したヘイデンが、ルバルカバと残した2005年ブルーノート東京でのライヴを音源化したもの。テクニックはもとより巧みな選曲と構成が素晴らしく、きわめてレベルの高い作品となっている。ヘイデン得意のデュオだけに落ち着いた深みのある一枚を十分に堪能できるだろう。★
唯一無二の音色と音楽性で愛されたジャズ・ベーシスト、チャーリー・ヘイデンが、2005年にゴンサロ・ルバルカバと行なった東京でのライヴを収録。彼の名デュオ作品のラインナップに加わったマスターピースの一つ。
トラックリスト
01EN LA ORILLA DEL MUNDO (THE EDGE OF THE WORLD)
02MY LOVE AND I
03WHEN WILL THE BLUES LEAVE
04SANDINO
05SOLAMENTE UNA VEZ (YOU BELONG TO MY HEART)
06TRANSPARENCE
演奏
チャーリー・ヘイデン(B) ゴンサロ・ルバルカバ(P)
録音
2005.3
封入特典
  • 解説/海外ライナーノーツの日本語訳
  • チャーリー・ヘイデン
    1937年8月6日アイオワ州シェナンドーの生まれ。西海岸で活動後ニューヨークに移り、58年にオーネット・コールマンのグループに参加。69年にリベレイション・ミュージック・オーケストラを結成。ベーシストであると同時に、優れたオルガナイザー&バ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』50周年記念エディション[特集] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[後編]
[インタビュー] “ポスト何々”の次を求めて――tofubeatsが『FANTASY CLUB』で目指した新たなステージ[インタビュー] 経験と生き方を歌う。ただ、それだけ――MC KHAZZ『SNOWDOWN』
[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015