チャーリー・ヘイデン&ゴンサロ・ルバルカバ / トーキョー・アダージョ〜ライヴ・アット・ブルーノート東京 [SHM-CD]

はてなブックマークに追加
チャーリー・ヘイデン&ゴンサロ・ルバルカバ / トーキョー・アダージョ〜ライヴ・アット・ブルーノート東京 [SHM-CD]
SHM-CD
本作品は2014年に逝去したヘイデンが、ルバルカバと残した2005年ブルーノート東京でのライヴを音源化したもの。テクニックはもとより巧みな選曲と構成が素晴らしく、きわめてレベルの高い作品となっている。ヘイデン得意のデュオだけに落ち着いた深みのある一枚を十分に堪能できるだろう。★
唯一無二の音色と音楽性で愛されたジャズ・ベーシスト、チャーリー・ヘイデンが、2005年にゴンサロ・ルバルカバと行なった東京でのライヴを収録。彼の名デュオ作品のラインナップに加わったマスターピースの一つ。
トラックリスト
01EN LA ORILLA DEL MUNDO (THE EDGE OF THE WORLD)
02MY LOVE AND I
03WHEN WILL THE BLUES LEAVE
04SANDINO
05SOLAMENTE UNA VEZ (YOU BELONG TO MY HEART)
06TRANSPARENCE
演奏
チャーリー・ヘイデン(B) ゴンサロ・ルバルカバ(P)
録音
2005.3
封入特典
  • 解説/海外ライナーノーツの日本語訳
  • チャーリー・ヘイデン
    1937年8月6日アイオワ州シェナンドーの生まれ。西海岸で活動後ニューヨークに移り、58年にオーネット・コールマンのグループに参加。69年にリベレイション・ミュージック・オーケストラを結成。ベーシストであると同時に、優れたオルガナイザー&バ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
[インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”[インタビュー] 原点回帰を経て再確認した“本気”の在り所 加藤和樹『SPICY BOX』
[インタビュー] “世界の先端で戦うということ” BIGYUKI『リーチング・フォー・ケイローン』[インタビュー] 音楽の“過去と未来”とを想像力でつないでみせる歌 高田 漣『ナイトライダーズ・ブルース』
[インタビュー] 永遠に愛される曲を目指して――サラ・オレインが真価を発揮した『Cinema Music』[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015