チャーリー・ヘイデン&ゴンサロ・ルバルカバ / トーキョー・アダージョ〜ライヴ・アット・ブルーノート東京 [SHM-CD]

はてなブックマークに追加
チャーリー・ヘイデン&ゴンサロ・ルバルカバ / トーキョー・アダージョ〜ライヴ・アット・ブルーノート東京 [SHM-CD]
SHM-CD
本作品は2014年に逝去したヘイデンが、ルバルカバと残した2005年ブルーノート東京でのライヴを音源化したもの。テクニックはもとより巧みな選曲と構成が素晴らしく、きわめてレベルの高い作品となっている。ヘイデン得意のデュオだけに落ち着いた深みのある一枚を十分に堪能できるだろう。★
唯一無二の音色と音楽性で愛されたジャズ・ベーシスト、チャーリー・ヘイデンが、2005年にゴンサロ・ルバルカバと行なった東京でのライヴを収録。彼の名デュオ作品のラインナップに加わったマスターピースの一つ。
トラックリスト
01EN LA ORILLA DEL MUNDO (THE EDGE OF THE WORLD)
02MY LOVE AND I
03WHEN WILL THE BLUES LEAVE
04SANDINO
05SOLAMENTE UNA VEZ (YOU BELONG TO MY HEART)
06TRANSPARENCE
演奏
チャーリー・ヘイデン(B) ゴンサロ・ルバルカバ(P)
録音
2005.3
封入特典
  • 解説/海外ライナーノーツの日本語訳
  • チャーリー・ヘイデン
    1937年8月6日アイオワ州シェナンドーの生まれ。西海岸で活動後ニューヨークに移り、58年にオーネット・コールマンのグループに参加。69年にリベレイション・ミュージック・オーケストラを結成。ベーシストであると同時に、優れたオルガナイザー&バ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015