大村憲司 / 男が女を愛する時〜ベスト・ライヴ・トラックス3

はてなブックマークに追加
大村憲司 / 男が女を愛する時〜ベスト・ライヴ・トラックス3
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    WHEN A MAN LOVES A WOMAN - BEST LIVE TRACKS 3
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    STEPS RECORDS
  • 規格品番:
    STPR-001
  • 価格:
    2,400 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    大村憲司 / 男が女を愛する時〜ベスト・ライヴ・トラックス3をAmazon.co.jpで購入する大村憲司 / 男が女を愛する時〜ベスト・ライヴ・トラックス3をHMV.co.jpで購入する大村憲司 / 男が女を愛する時〜ベスト・ライヴ・トラックス3を楽天ブックスで購入する大村憲司 / 男が女を愛する時〜ベスト・ライヴ・トラックス3を@TOWER.JPで購入する
    大村憲司 / 男が女を愛する時〜ベスト・ライヴ・トラックス3を山野楽器で購入する大村憲司 / 男が女を愛する時〜ベスト・ライヴ・トラックス3をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
98年に亡くなった大村憲司のライヴハウスでの演奏が9曲。彼のギターは巧くて、パワフルで、繊細で、艶があって、絶妙の間で、元エレキ少年を興奮させる。村上“PONTA”秀一のドラムとの掛け合いは、これらのセッションを生で聴いた人に嫉妬心が湧く。歌もの中心の選曲だが、ギターが実によく唄っている。
トラックリスト
01男が女を愛する時
02サマータイム
03アイ・キャント・テル・ユー・ホワイ
04春がいっぱい
05ジョージア・オン・マイ・マインド
06突然の贈りもの
07マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ
08レフト・ハンディッド・ウーマン
09男が女を愛する時
録音
(1)89.12 (2)(7)(9)97.4 (3)91.12 (5)98.3 (4)(6)(8)8
封入特典
  • 解説
  • 大村憲司
    1949年5月5日生まれ、兵庫県神戸市出身のギタリスト/作曲家/アレンジャー。69年にコンテストのロック部門で優勝。渡米を経て、“赤い鳥”に参加するも73年に脱退。その後、エントランス、バンブー、カミーノとバンドを結成。80年にはYMOのツ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
[インタビュー] たぶん、生きる場所を作ってる――バンドマンという名の生活者、Yellow Studsの軌跡と未来[インタビュー] キャッチーさとストレンジなフィーリングを併せ持つビートメイカー、その名はdoooo
[インタビュー] いろんなジャンルの曲をクロマチックハーモニカでどう表現できるか――山下伶の全方位的な新作アルバム[特集] 音楽好きだからこそハマってしまう! 『アイ★チュウ』のただならぬ中毒性とは?
[インタビュー] 証人になって欲しい――ワンマン・ライヴ〈TAKE ME OUT〉開催を控えるlyrical schoolの“いま”[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』
[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ![インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015