鈴木重子 and 木住野佳子 / with you

はてなブックマークに追加
鈴木重子 and 木住野佳子 / with you
CD
  • 原題:
    WITH YOU
  • 形態 / ジャンル:
    アルバム / ジャズ
  • レーベル:
    Sony
  • 規格品番:
    SICL-246
  • 価格:
    2,800 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    鈴木重子 and 木住野佳子 / with youをAmazon.co.jpで購入する鈴木重子 and 木住野佳子 / with youをHMV.co.jpで購入する鈴木重子 and 木住野佳子 / with youを楽天ブックスで購入する鈴木重子 and 木住野佳子 / with youを@TOWER.JPで購入する
    鈴木重子 and 木住野佳子 / with youを山野楽器で購入する鈴木重子 and 木住野佳子 / with youをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ヴォーカルの鈴木重子、ピアノの木住野佳子の初デュオ・アルバム。二人は2006年頃から共演している。録音はライヴ形式の一発録り。2曲のオリジナルを含む名曲をセレクトした。ナチュラルで穏やかな音楽性が融和する。くすりのように心をいやしてくれる音楽だ。
ジャズ・ヴォーカリスト、鈴木重子の12枚目となるアルバム。ピアニスト・木住野佳子との夢のコラボレーションによる珠玉のデュオ・アルバムで、「My Favorite Things」など美しい楽曲がずらり。
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    11位 (2011/1/24)
トラックリスト
01MY FAVORITE THINGS
02A NIGHTINGALE SANG IN BERKELEY SQUARE
03FALANDO DE AMOR
04ONE NOTE SAMBA
05SOMETHING
06RUN FOR LOVE
07KONO MICHI
08SOSHUU YAKYOKU
09KISS FOR THE EARTH
10KISS FOR THE EARTH
演奏
鈴木重子(VO) 木住野佳子(P)
タイアップ
  • 「kiss for the earth」 - 再春館製薬「ドモホルンリンクル」TV-CMソング
封入特典
  • 歌詞・対訳
  • 木住野佳子
    東京生まれの日本の女性ピアニスト/作曲家。桐朋学園大学音楽学部卒業後、クラシックはもとよりジャズや民謡など音楽の幅を広げて活躍。1995年にGRPレーベルよりアルバム『フェアリー・テイル』で世界デビューを飾る。映画やCMへの音楽提供、海外で……
  • 鈴木重子
    静岡県浜松市生まれ。3歳からピアノを習い、高校時代にはフュージョン・バンドでベースを担当。東京大学法学部へ入学し、在学中にボサ・ノヴァ、ジャズ・ヴォーカルを習う。その後ライヴ・ハウスでヴォーカリストとして音楽活動を開始、ツムラ・ヴォーカル賞……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015