キャプテン・ビーフハート&ザ・マジック・バンド / トラウト・マスク・レプリカ

はてなブックマークに追加
キャプテン・ビーフハート&ザ・マジック・バンド / トラウト・マスク・レプリカ
CD
ミニ・レビュー
60年代後半に発表された、言葉本来の意味でのオルタナティヴ・ロックの最高峰のひとつ。ブルースの先鋭性とフリー・ジャズと現代音楽とバカボンのパパの声の完璧な融合。アホらしくも高度で素晴らしい。真実を求めるロック・ファン必聴です。マジで。
収録曲
01フロウンランド
02ザ・ダスト・ブロウズ・フォワード・アンド・ザ・ダスト・ブロウズ・バック
03ダッハウ・ブルース
04エラ・グールー
05ヘア・パイ:ベイク1
06ムーンライト・オン・ヴァーモント
07パチューコ・カディヴァー
08ビルズ・コープス
09スウィート・スウィート・バルブス
10ネオン・ミート・ドリーム・オブ・ア・オクタフィッシュ
11チャイナ・ピッグ
12マイ・ヒューマン・ゲッツ・ミー・ブルース
13ダリズ・カー
14ヘア・パイ:ベイク2
15ペイナ
16ウェル
17ホェン・ビッグ・ジョーン・セッツ・アップ
18フォーリン・ディッチ
19シュガー・アンド・スパイクス
20アント・マン・ビー
21オレンジ・クロウ・ハンマー
22ワイルド・ライフ
23シーズ・トゥー・マッチ・フォー・マイ・ミラー
24ホーボー・チャング・バ
25ブリンプ (マウストラプレプリカ)
26スティール・ソフトリー・スルー・スノウ
27オールド・ファート・アット・プレイ
28ヴェテランズ・デイ・ポピー
アーティスト
  • キャプテン・ビーフハート
    1941年米国カリフォルニア生まれ。本名ドン・ヴァン・ブリート。幼少時から“天才画家”の誉れ高かったが、高校時代にフランク・ザッパと出会ってR&Bバンドでの活動に勤しむようになり、60年代半ばから自身のバンドを率い活動。69年作の『トラウト……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015