J.S.バッハ:マタイ受難曲 アーノンクール / ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス エクウィルツ(T) リッダーブッシュ(BS) 他 [3CD] [再発]

はてなブックマークに追加
CD
再発
  • ジャンル:
    クラシック 〜 コーラス/宗教音楽
  • レーベル:
    テルデック
  • 規格品番:
    WPCS-5814〜6
  • 価格:
    4,078 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    J.S.バッハ:マタイ受難曲 アーノンクール / ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス エクウィルツ(T) リッダーブッシュ(BS) 他 [3CD] [再発]をAmazon.co.jpで購入するJ.S.バッハ:マタイ受難曲 アーノンクール / ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス エクウィルツ(T) リッダーブッシュ(BS) 他 [3CD] [再発]をHMV.co.jpで購入するJ.S.バッハ:マタイ受難曲 アーノンクール / ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス エクウィルツ(T) リッダーブッシュ(BS) 他 [3CD] [再発]を楽天ブックスで購入するJ.S.バッハ:マタイ受難曲 アーノンクール / ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス エクウィルツ(T) リッダーブッシュ(BS) 他 [3CD] [再発]を@TOWER.JPで購入する
    J.S.バッハ:マタイ受難曲 アーノンクール / ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス エクウィルツ(T) リッダーブッシュ(BS) 他 [3CD] [再発]を山野楽器で購入するJ.S.バッハ:マタイ受難曲 アーノンクール / ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス エクウィルツ(T) リッダーブッシュ(BS) 他 [3CD] [再発]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
アーノンクールがまだ日本では「異端児」扱いされ、正当な評価を得ていなかったころの、四半世紀前の録音である。しかし、この《マタイ》には“人間の罪を贖うために十字架に付けられた”主イエス・キリストの姿が深い筆致で描き上げられている。
トラックリスト
●J.S.バッハ:
01マタイ受難曲BWV244
演奏
ニコラウス・アーノンクール指揮 ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス レーゲンスブルク大聖堂少年聖歌隊 ケンブリッジ・キングズ・カレッジ合唱団 ジェイムズ・ボウマン(A) クルト・エクウィルツ,ナイジェル・ロジャーズ(T) カール・リッダーブッシュ,マックス・ファン・エグモント(BS) 他
録音
70.
  • ニコラウス・アーノンクール
    1929年12月6日、ベルリン生まれのオーストリアの指揮者/チェロ奏者。グラーツで育ち、ウィーンでチェロを学ぶ。52〜69年までウィーン響のチェロ奏者を務める。古楽や古楽器の研究・収集にも注力し、53年に妻アリスとウィーン・コンツェントゥス……
  • ヨハン・セバスティアン・バッハ
    1685年生まれ。1750年没。ドイツ出身。数代にわたる音楽家系に生まれ、バロック音楽の最後を飾る最高・最大の作曲家。優れたオルガニストで即興演奏の大家として有名だった。ドイツ・バロック音楽を集大成し、オペラ以外のすべての分野で作品を残す。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015